Archive for 相続

新年明けましておめでとうございます。

皆様、新年あけましておめでとうございます。

遺品整理.comでございます。

年末のブログでも紹介しましたが、新年早々に札幌市外の遺品整理を2件ほど片づけてきました。

1件は小樽市、1件は北広島市です。今月は岩見沢市もご依頼いただいており

道内多種多様エリア、当社では札幌近郊も対応しております。

各地方自治体ごとに処分方法が違っていたりするので、久しぶりのご実家だと分別方法がわからなかったり大変ですよね。

当社では、コンプライアンスを順守した作業内容となっており
社会問題である【不法投棄】は絶対にしません!!

※ リサイクル家電の取り扱いに関しては、家電リサイクル券取扱優良店にもなっていますよ。

本日のブログは説明チックになってしまっていますが、道外にお住まいのかた!(もちろん札幌の方もですがw)

帰省のタイミングにあわせてお見積りはいかがでしょうか?

お見積りは無料で承っておりますのし、ご予算に合わせたお片付けをご提案させていただきますので気軽にご相談ください。

作業方法もご遺族と相談の上決めさせていただきます。

遠方のお客様はカギのお預かりや作業後画像の送付、お振込での支払い等さまざまなご提案をさせていただきます。

また、不動産会社の紹介、空き家管理の会社、ハウスクリーニングの会社、解体や消臭など
対応・ご紹介できますので

当社にご依頼いただければ全て一発で解決です!!

遺品整理.com

アクセサリーを捜索せよ!

ご遺品のお片付けに伺わせていただきますと、大変だけな現場ばかりではありません。
ご遺族とご遺品とを前にして、様々なエピソードを体験することがあります。

先日、作業のご依頼いただいたお客様ですが、作業希望項目の中に、

[母がなくしたアクセサリーを見つけてほしい]

との、ご要望がございました。
必死で探しながら、片付作業をさせていただきましたが、一向に出てこない。
ご依頼いただいたお客様(娘様でしたが)も時間がたつにつれて心配そうな顔をされていました。
スタッフ全員にあきらめのムードが漂ったその時、

ありました!

一番最後に着手した寝室のベッドの引出の奥に、
アクセサリーケースに入った数十個のアクセサリーが。

お客様にお渡しすると、涙を流しながら喜ばれていました。
お話をお聞きしましたが、
他の親族から遺品であるアクセサリーに関してかなりきついことを言われ続けられたとのこと。
「私が盗んだのではないことがこれで証明できます。本当にありがとうございます。」
と、おっしゃっていただけました。
スタッフ一同、安堵したというか、疲れも吹っ飛ぶ一言をいただきました。

遺品にまつわる数々のドラマ。
今回のようなケースはまれですが、一品一品に思い出が詰まっている分、丁寧に大切に扱うことを作業員一同「あたりまえ」として作業に携わらせていただいています。

遺品整理.com

【便利屋もしもぼっくす】の遺品整理事業部です。

携帯電話からでも24時間対応可能なフリーダイヤルへ

0120-556-179

.comは札幌だけではなく、全道各地に拠点を展開中です。
札幌
室蘭
北見
旭川

遺品整理 札幌
遺品整理.com フエイスブックページ

形見分けについて

札幌も積もるような雪が降る季節となりました。
一旦は解け行く今の時期の雪ですが、来月からは寝雪になりそうです。

今日は形見分けについて考えてみたいと思います。
形見分けとは、簡単に説明しますと
「亡くなった方の大切な遺品(高価物)を遺品整理する前に、残された家族に譲ること。」
になりますが、親交のあった方たちに御遺品を贈るケースも増えています。
贈る際には、半紙などシンプルな紙で簡単にラッピングし、
「遺品」「しのび草」などと表書きして直接手渡しされる方法もあるようです。

最近では「形見分け=遺品整理」と同義で考えられていることもあります。
当社は御遺品を不要品ではなく、一つ一つを大切に扱い、故人の思いも大切にしたいと思っております。

遺品整理.com

【便利屋もしもぼっくす】の遺品整理事業部です。

携帯電話からでも24時間対応可能なフリーダイヤルへ

0120-556-179

.comは札幌だけではなく、全道各地に拠点を展開中です。
札幌
室蘭
北見
旭川

遺品整理 札幌

遺品整理.com ヤフーロコ
遺品整理.com フエイスブックページ

提携先パートナー企業様を募集しております。

遺品整理.comでは、提携先パートナー様を募集しています。

 

少子化、高齢化、過疎化、核家族化、それに加えてますます冷え込む北海道経済において、残念ながら、今後も遺品整理特殊清掃の仕事は増え続けると考えられます。

少しでもお悩みのご遺族の方の力になれるよう、札幌の様々な異業種の企業様と手を組み、総合的にお客様のお手伝いをさせて頂きたいと私どもは考えています。

 

■弁護士、行政書士、司法書士、税理士の皆様

相続物件の換金や清掃の費用等で、お悩みの相談者様はいらっしゃいませんでしょうか。

■不動産事業者、貸借物件オーナーの皆様

居住者の突然の孤独死、その対応や原状復帰にお困りでは無いでしょうか。

 

 

今は少なくとも、今後そういったご相談は増えることと思います。

その際に、いかに迅速に対応するか、そこで他企業との差別化を図れるのではないでしょうか。

詳しくは、遺品整理.com までお問合せ下さい。

札幌での遺産相続に関する、無料相談窓口です。

当社と提携している、一般社団法人 相続手続支援センター札幌では、相続に関するご相談全般を無料で行っています。(札幌にお住まいの方)

不動産は現金と違い分割が難しく、安易に複数の相続人で共有すると権利関係が複雑になり、売却する場合にも相続人全員の同意が必要となり、トラブルの原因になる事もあります。

不動産の名義変更が必要、手続きが面倒・時間がない、何をどうしたらいいか分からない等お悩みの場合は、こちらの問合せページから、必要事項をご記入の上、送信して下さい。

相談員よりご都合のいいお時間にご連絡さしあげます。
適切なアドバイスを行う為、電話でご相談内容を受付し、直接面談にて御対応させていただきます。

 

人に言えない悩み。お話し相手が欲しい時にはご相談下さい。一人で悩まないで。

 遺品整理.com 札幌スタッフのHです。

職業病のせいかもしれませんが、自殺や孤独死などのニュースが目に付いてしまいます。

そんな時、自分個人としても、会社としても、少しでも何か力になれないか、考えます。

 

人は、話だけで半分悩みが解決するといいます。

遺品整理.comの姉妹サイト「便利屋もしもぼっくす」では、お話し相手サービスも行っています。

身近な家族や友人、関係者には言いにくい事でも、第三者になら言える、言ってスッキリする、という事もあるかと思います。

宜しければご利用下さい。(料金は応相談です)

 

 

 

ご両親の死後、葬儀費用等を口座からお金を引き出しても良い?

故人の預金は、相続の対象となります。

よって、相続の手続きが終わるまで、

勝手に引き出して使用することは、原則的に出来ません。

 

銀行の方でも、口座の持ち主が亡くなられた事を知り次第、口座を封印してしまいます。

きちんと相続したことを示す書類が無ければ解除することはできません。

 

銀行にバレないうちに・・・と急いで引き出したりしても、

口座の取引履歴ですぐ分かりますから、

後に財産分与の話し合いの際にトラブルの元になったりします。

 

では、死後の葬儀や遺品整理に掛かる費用は、どうすればいいでしょうか。

生前のうちに、きちんとそこまで遺書で定めておくなどの対応ができればベストですが、

そうそう完全に準備した上で亡くなられる方というのも稀有なケースです。

 

以前の記事で紹介したエンディングノートを利用したり

あるいは遺品整理.comと提携している、

こちらの窓口でも無料相談を行っておりますので

こういった仕組みをご利用になられてはいかがでしょうか。

いざというときの為に残しておきたい、エンディングノート。ご自身の死後についての手続き先や希望をまとめておく冊子です。

エンディングノートとは、ご自身の死後についての手続き先や希望をまとめておく冊子です。

ご自身の死後について、仔細に至るまで遺言書にすべてまとめて書いておく方もいらっしゃいますが、それよりは敷居を低く、ご遺族に分かりやすく色々なことを伝えるための道具です。

たとえば、

・葬儀に関する希望

・葬儀の案内を送るべき、親戚、係累の一覧(家系図形式であることが多いです。もちろん連絡先も)

・資産目録

・掛けてある生命保険の種類と手続き方法

・遺品の処分先の希望

などなど、ご遺族がそれを見れば、ご本人の意向に沿ってスムーズに対応できる情報のまとめ資料、ということです。

離れて暮らす子世帯、家族などに、エンディングノートをどこにしまってあるか、あらかじめ知らせておくことも重要です。(すべて手配が終わってから見つかっても意味がないため)

 

遺族のご負担を減らしつつ、ご本人様の意向を反映させられる為、最近はかなり重要視されるようになっています。

エンディングノートの書き方や生前予約についてのご相談も、遺品整理.comで承ります。

札幌でも、高齢者の独居世帯が増えています。孤独死対策として有効なのは…

核家族化、少子化、労働人口の道外への流出など、様々な要因が重なって、札幌市はじめ北海道の各地で高齢者の方の1人暮らしが増えています。

それでも、ご本人がお元気なうちはまだ良いのですが、体が弱って外出できなくなっても他者に気付いてもらえなかったり、さらに悲しいケースですが、病死・事故死されても中々発見されず放置されてしまう場合も少なくありません。いわゆる「孤独死」です。

普段から、なるべく多くの方と多くのコミュニケーションを取っておく事が、有効な孤独死対策です。親族、ご近所の方、行政の支援サービス、NPO支援団体、趣味のサークル、何でも構いません。自分を気に掛けてくれる相手を多く持つことが大切です。

他にも、遺品整理業者の立場からお話出来る事は沢山あります。
講演会のご依頼なども受けつけております。
各種団体の運営関係者で、ご興味のある方は、お気軽にお問合せ下さい。

形見分けトラブルで揉めない為には、早めに手を打つこと

このブログのアクセス解析を見ていると、遺品整理に伴う「形見分けのトラブル」について調べている方が非常に多い事が分かります。

相続トラブルは、何も金銭や不動産だけではないんですね。人間の物欲や、関係者の方の良い意味での形見の品への「思い入れ」が、事態をややこしくすることがあります。

 

いずれにせよ、トラブル回避の為にも必ずしなければならないのは、故人の遺品のリスト化(遺言等があれば、それらの行き先まで含めて)と、価値の査定です。

葬儀の前後はさすがに喪主の方も親戚の方も大変な状態ですが、初七日、四十九日頃になると、そのような実務的な後処理のお話が出てきます。

その際のお話合いをスムーズにする為にも、あらかじめお早目に各種見積り取っておくとよいでしょう。

遺品整理.comなら、お電話一本・ひとつの会社だけで、家屋の清掃、処分、遺品の鑑定、不要品の処理費用、その他まるごとまとめてすべて査定できるので、手間がかかりません。

遺品整理・形見分けを行う際のマナー、よくあるトラブルと対策