Archive for 生前予約

新年明けましておめでとうございます。

皆様、新年あけましておめでとうございます。

遺品整理.comでございます。

年末のブログでも紹介しましたが、新年早々に札幌市外の遺品整理を2件ほど片づけてきました。

1件は小樽市、1件は北広島市です。今月は岩見沢市もご依頼いただいており

道内多種多様エリア、当社では札幌近郊も対応しております。

各地方自治体ごとに処分方法が違っていたりするので、久しぶりのご実家だと分別方法がわからなかったり大変ですよね。

当社では、コンプライアンスを順守した作業内容となっており
社会問題である【不法投棄】は絶対にしません!!

※ リサイクル家電の取り扱いに関しては、家電リサイクル券取扱優良店にもなっていますよ。

本日のブログは説明チックになってしまっていますが、道外にお住まいのかた!(もちろん札幌の方もですがw)

帰省のタイミングにあわせてお見積りはいかがでしょうか?

お見積りは無料で承っておりますのし、ご予算に合わせたお片付けをご提案させていただきますので気軽にご相談ください。

作業方法もご遺族と相談の上決めさせていただきます。

遠方のお客様はカギのお預かりや作業後画像の送付、お振込での支払い等さまざまなご提案をさせていただきます。

また、不動産会社の紹介、空き家管理の会社、ハウスクリーニングの会社、解体や消臭など
対応・ご紹介できますので

当社にご依頼いただければ全て一発で解決です!!

遺品整理.com

札幌市でご実家の片づけのお手伝い

雪が降らない札幌です。

こうまで雪が降らないと、零年より早めに「一軒丸ごとお片付け」のご依頼をいただいています。

遺品整理と併せて多くご依頼をいただいているのが、

「施設入所に伴う不用品の片付」

のご依頼です。

高齢者住宅へ転居するために実家の片づけのご依頼やご相談が増えています。

「実家の片付」は、雑誌でも特集が組まれるほど、遺品整理と併せて今一番注目されているキーワードです。

先日お伺いしたお客さまも、転居に伴うご実家のお片付けでした。

ただ、御依頼人とご両親との「不用品」に対する思い入れの違いから、なかなか片付けが進まない状況でした。

「もったいない」という気持ちからなかなか片付けに踏み切れない世代。

当社は、ただ単にゴミとして片付けてしまうのではなく、愛着のあるものや大切にされていたお品物を、同じように大切にしてくださる方へ、お渡しする・つなげることができる会社です。

ご両親の「もったいない」と、御依頼人の「きれいにしたい」を両立させるために、日々努力しております。

 

遺品整理.com

【便利屋もしもぼっくす】の遺品整理事業部です。

携帯電話からでも24時間対応可能なフリーダイヤルへ
メールでのご相談も承っております

0120-556-179
メールフォーム

.comは札幌だけではなく、全道各地に拠点を展開中です。
札幌
室蘭
北見
旭川

遺品整理 札幌
遺品整理.com フエイスブックページ

ご高齢の方には大変な様々な作業、ご自宅へお手伝いに伺います。

「遺品整理.com」姉妹サイト:「便利屋もしもぼっくす」

身体が弱ってくると、以前は平気で自分で出来ていた作業も、

なかなかそれまで通りには、難しくなって来ます。

 

当社の便利屋サービスなら、有料ではありますが

重い物の買い物代行、処分の代行、運搬、お掃除、話し相手、その他

色々なご依頼について、お手伝いさせて頂いています。

 

離れて暮らすご親族、ご家族の方から、

対象となる方の身の回りのお世話をご依頼されることも珍しくありません。

どなたからも、お気軽にご相談下さい。

 

 

便利屋サービス内容

不用品回収
ゴミ屋敷
不用品・粗大ゴミ
大型ゴミ回収処分
除雪・雪おろし
除雪,雪かき
屋根のつらら/雪庇下ろし
高価出張買取
リサイクル出張買取
力仕事
格安! お引越し
生活家電の設置・取付・移動
お掃除お任せ
掃除・片付け
ハウスクリーニング
事務所・店舗清掃
消臭・脱臭作業
節電クリーニング

お部屋の便利業務
お部屋の便利業務
家具の組立て
クロス張替/内装工事
買物代行
網戸張り替え
雨どい掃除・清掃・取付け
お話し相手
パソコンサポート
高所作業
整理収納コンサルタント
お庭の代行作業
庭木の剪定・伐採
草刈り・草むしり
お庭の便利業務・冬囲い
解体撤去
物置・倉庫・車庫・ガレージの解体撤去代行
看板製作・撤去
高価出張買取
リサイクル出張買取
害虫駆除
スズメバチ・ねずみ駆除

遺品整理.comでは、故人のプライバシーを尊重致します

私どもの業務は、直接的には

故人のご遺族や関係者の方からの御依頼となりますが、

故人様も「もう一人のご依頼者である」と考えています。

 

亡くなられたからといって、その方の尊厳や人格まで失われません。

故人のプライバシーには十分留意して、各種の作業をさせて頂きます。

 

マンションなど集合住宅でのゴミ屋敷・汚部屋清掃で

ご近所に臭いがあまり漏れないように作業をしたり

(さすがに同階の居住者の方にバレないようにするのはかなり難しいですが)

 

遺品から、故人様の特殊なご趣味の品が出てきた場合は、

他者の目に触れにくいように運んだり

パソコンの内部データを完全に消去したり…

 

他にも、お客様のご要望に出来るだけ添えるよう努力致します。

故人やご遺族の方の名誉、プライバシーでご不安なことがあれば

遺品整理.comにご遠慮なくお問合せ・お申し付け下さい。

【生前予約】墓場やあの世に持っていけない遺品や財産、事前に査定や処分方法を決めておきませんか

 

自分の死後、遺品や財産はどうなるでしょうか。

現金や不動産は誰もが思いつき、相続の対象として分かりやすいので心配?は要らないかもしれませんが、

自分の趣味品、書籍や各種コレクション等は、その価値を理解されないまま、捨てられたり、二束三文で払い下げられたり、誰の目にも触れずにしまいこまれたり、しがちです。

同好の士に渡りやすいよう手配したり、正しく価値の分かる中古品店経由で別の誰かに渡るようにしたり、その対価を自分の葬儀費用や相続財産の一部にするなど、

自分の想いのこもった品物が無駄にならず、再び社会へと還元していくよう、ご自身が生きているうちに考え、手配し、計算しておくと良いように思います。

遺品整理.comでは生前予約も承っています。

死後の遺品の処理方法、処理先、最近ですとパソコンのデータの処理なども心配ですね。そういったお悩みなどもお気軽にご相談下さい。

人に言えない悩み。お話し相手が欲しい時にはご相談下さい。一人で悩まないで。

 遺品整理.com 札幌スタッフのHです。

職業病のせいかもしれませんが、自殺や孤独死などのニュースが目に付いてしまいます。

そんな時、自分個人としても、会社としても、少しでも何か力になれないか、考えます。

 

人は、話だけで半分悩みが解決するといいます。

遺品整理.comの姉妹サイト「便利屋もしもぼっくす」では、お話し相手サービスも行っています。

身近な家族や友人、関係者には言いにくい事でも、第三者になら言える、言ってスッキリする、という事もあるかと思います。

宜しければご利用下さい。(料金は応相談です)

 

 

 

若者の孤独死の増加。若さを過信せず、規則正しい生活と休息を

遺品整理.comの事例ページでも紹介していますが、
孤独死=高齢者、独居老人とは限りません。
最近では、若者の孤独死が増えています。

 

晩婚化による単身世帯の増加、労働環境悪化による過労、不規則な生活、粗悪な食生活などから、20代~30代の若年層であっても、孤独死・孤立死に至ってしまう場合があります。

今の時代、若いからといって油断せず、高齢者並みとまではいかなくとも、健康維持対策や、自分の「死」についての警戒心が必要なのではないでしょうか。

 

規則正しい生活と休養、これは安定した精神状態を保つ為にも必要なことです。
身体的に追いつめられると、冷静な思考が難しくなります。
こういった「余裕の無さ」が若者の自殺の増加にも関係があるように思います。

当事者にしてみれば、「簡単に休めたら苦労は無い!」と思われるでしょう。
しかし、実際に孤独死の現場で、自分と年齢の近い方々の遺品を扱う身として、「もっと早く逃げても良かったんじゃないか…?」などと考えてしまうのです。

 

 

ご両親の死後、葬儀費用等を口座からお金を引き出しても良い?

故人の預金は、相続の対象となります。

よって、相続の手続きが終わるまで、

勝手に引き出して使用することは、原則的に出来ません。

 

銀行の方でも、口座の持ち主が亡くなられた事を知り次第、口座を封印してしまいます。

きちんと相続したことを示す書類が無ければ解除することはできません。

 

銀行にバレないうちに・・・と急いで引き出したりしても、

口座の取引履歴ですぐ分かりますから、

後に財産分与の話し合いの際にトラブルの元になったりします。

 

では、死後の葬儀や遺品整理に掛かる費用は、どうすればいいでしょうか。

生前のうちに、きちんとそこまで遺書で定めておくなどの対応ができればベストですが、

そうそう完全に準備した上で亡くなられる方というのも稀有なケースです。

 

以前の記事で紹介したエンディングノートを利用したり

あるいは遺品整理.comと提携している、

こちらの窓口でも無料相談を行っておりますので

こういった仕組みをご利用になられてはいかがでしょうか。

札幌で広がる孤独死問題…今後の北海道を語る上で避けて通ることのできない大きな課題

札幌でまたも「孤独死」が大きなニュースとなっています。

所持金は旧百円札1枚…59歳男性ミイラ化遺体
http://news.livedoor.com/article/detail/6891770/

生活保護者の孤独死43人 札幌市「異変察知は困難」 4~6月http://www.hokkaido-np.co.jp/news/donai/399582.html

今年一月、40代の姉妹が孤立死された際も、大きな問題となりました。

なぜなら、北海道の経済状況、労働人口流出による高齢化、過疎化、そして全国的にも課題となっている、生活保護問題…それらを合わせて考えると、これからの北海道、これからの札幌での市民の暮らしを語る上で、無視できない状況になってきているためかと思います。

誰しもが孤独死、孤立死するかもしれない危険性、恐怖。
そういった目に見えない不安が、これまでよりさらに現実味を帯びてきたと言えます。

 

我々は以前からこの問題に取り組んで参りました。
生前からのご相談を承ったり、各地で講演を行ったり…

それでも、世の中の大きな流れは止められないかもしれません。
それでも、努力はやめずに続けていきたいと思います。

 

また、ご家族や親族と離れて暮らしている方は、たまにご実家や親戚のお宅に電話の一本でも掛けてみて下さい。

行政でもさまざまな孤独死対策、孤立死対策を行っていますが、やはり一番の効果のある孤独死対策は、気に掛けてくれている関係者がいることです。

 

隣人、家族、同僚、あらゆる人間関係において、お互いに興味関心を失いがちな現代社会ではありますが、昔ながらの日本的な人間関係の作り方、コミュニケーションについて考え直してもよい時期ではないでしょうか。それが、結果的に自分の身を守ることにもなります。

いざというときの為に残しておきたい、エンディングノート。ご自身の死後についての手続き先や希望をまとめておく冊子です。

エンディングノートとは、ご自身の死後についての手続き先や希望をまとめておく冊子です。

ご自身の死後について、仔細に至るまで遺言書にすべてまとめて書いておく方もいらっしゃいますが、それよりは敷居を低く、ご遺族に分かりやすく色々なことを伝えるための道具です。

たとえば、

・葬儀に関する希望

・葬儀の案内を送るべき、親戚、係累の一覧(家系図形式であることが多いです。もちろん連絡先も)

・資産目録

・掛けてある生命保険の種類と手続き方法

・遺品の処分先の希望

などなど、ご遺族がそれを見れば、ご本人の意向に沿ってスムーズに対応できる情報のまとめ資料、ということです。

離れて暮らす子世帯、家族などに、エンディングノートをどこにしまってあるか、あらかじめ知らせておくことも重要です。(すべて手配が終わってから見つかっても意味がないため)

 

遺族のご負担を減らしつつ、ご本人様の意向を反映させられる為、最近はかなり重要視されるようになっています。

エンディングノートの書き方や生前予約についてのご相談も、遺品整理.comで承ります。