Archive for 料金トラブル

新年明けましておめでとうございます。

皆様、新年あけましておめでとうございます。

遺品整理.comでございます。

年末のブログでも紹介しましたが、新年早々に札幌市外の遺品整理を2件ほど片づけてきました。

1件は小樽市、1件は北広島市です。今月は岩見沢市もご依頼いただいており

道内多種多様エリア、当社では札幌近郊も対応しております。

各地方自治体ごとに処分方法が違っていたりするので、久しぶりのご実家だと分別方法がわからなかったり大変ですよね。

当社では、コンプライアンスを順守した作業内容となっており
社会問題である【不法投棄】は絶対にしません!!

※ リサイクル家電の取り扱いに関しては、家電リサイクル券取扱優良店にもなっていますよ。

本日のブログは説明チックになってしまっていますが、道外にお住まいのかた!(もちろん札幌の方もですがw)

帰省のタイミングにあわせてお見積りはいかがでしょうか?

お見積りは無料で承っておりますのし、ご予算に合わせたお片付けをご提案させていただきますので気軽にご相談ください。

作業方法もご遺族と相談の上決めさせていただきます。

遠方のお客様はカギのお預かりや作業後画像の送付、お振込での支払い等さまざまなご提案をさせていただきます。

また、不動産会社の紹介、空き家管理の会社、ハウスクリーニングの会社、解体や消臭など
対応・ご紹介できますので

当社にご依頼いただければ全て一発で解決です!!

遺品整理.com

遺品の整理中に、現金が見付かることもあります。もちろん、しかるべき相手にご返却します。

先日、このような報道がありました。

生活保護の女性宅から4千万円 親族が札幌市に返還意向
http://www.asahi.com/national/update/1107/TKY201211071006.html

 

これほどの規模では無いにしても、遺品整理の現場からは、

多かれ少なかれ金券や現金が発見されることが多いです。

タンスの中や、ちょっとした小物入れにコインや札がバラバラに入っていたり、

貯金箱代わりのコーヒー瓶が見つかったり、等など・・・

 

当社では、現場での監督役スタッフが厳しくチェックし、

小銭に至るまできちんと管理した上で、ご依頼主さまにご報告・ご返却致します。

遺品整理の作業中に発見される小銭は意外と多いものです

 

先日も同じように記事にしましたが、

業者によって、こういったスタッフ教育、管理が出来ているかどうか、

遺品整理をご依頼される前に、見極めが必要かもしれません。

 

こんな事は、お客様との信頼関係として、仕事として、

あたりまえの事ではありますが、遺品整理.comのスタッフは、

今後もその「当り前」を忠実に実行して参ります。

 

遺品整理作業中に現金が発見されることもあります。誠実な業者ならご返却しますが…

当社スタッフが膨大な故人の遺品整理作業をしている最中に、

ご依頼主が見落としていた、「お金」が発見されることもあります。

 

貯金箱代わりのビンや缶が出てきたり・・・

衣類のポケットから小銭が出てきたり・・・

ごくごく稀にですが、タンスの中から札束が出てきたりも・・・(^^;)

 

もちろん当社では、そういった場合は、まとめてご依頼主にご返還いたします。

貴金属に関しても同様です。(その場で買取査定する場合もあります)

 

こんなこと(お金の返還)は、当社にとっては当り前のことではあるのですが、

 

ただし、世の中にはいい加減な遺品整理業者も存在します。

注文を取る為、料金を安くあげる為に、

お客様宅のゴミを違法投棄して済ませたり、

(ふつうはゴミ処理費用がかなり掛かります。)

営業に必要な許認可を取っていなかったりなど。

 

そんな、「ズル」「不正」が当たり前の業者が、

そのような降ってわいた現金をきちんとお客様に返却するでしょうか。

その実態は当社では調べようもありませんが、

少なからず「悪い実例=ネコババ」があるかもしれません。その可能性は高いです。

 

 

遺品整理業者は年々増える一方です。

 

お客様におかれましては、信頼できる業者を選ぶのも大変かと思います。

ウェブサイトの情報や、電話口での対応、こういったブログの内容等から

本当に信頼できる業者を選んで頂ければと思います。

 

遺品整理.COMでは、お客様との正しくフェアなお取引を心がけています。

札幌での遺産相続に関する、無料相談窓口です。

当社と提携している、一般社団法人 相続手続支援センター札幌では、相続に関するご相談全般を無料で行っています。(札幌にお住まいの方)

不動産は現金と違い分割が難しく、安易に複数の相続人で共有すると権利関係が複雑になり、売却する場合にも相続人全員の同意が必要となり、トラブルの原因になる事もあります。

不動産の名義変更が必要、手続きが面倒・時間がない、何をどうしたらいいか分からない等お悩みの場合は、こちらの問合せページから、必要事項をご記入の上、送信して下さい。

相談員よりご都合のいいお時間にご連絡さしあげます。
適切なアドバイスを行う為、電話でご相談内容を受付し、直接面談にて御対応させていただきます。

 

「押し買い」する違法業者にご注意下さい!!! 札幌でもトラブル増加中

いきなり押しかけてきて、商品を買うまで帰らない…

この「押し売り」という言葉は、昔からありますよね。

これは、すでに取り締まる法律もあります。

 

しかし、最近問題になっているのは、その逆、「押し売り」ならぬ「押し買い」業者です。

つまり、お客様の持っている高価な品物について

「売ってくれるまで帰らない」

「騙して安く買いたたく」

「売ると言っていないものまで、ドサクサにまぎれて一緒に持っていく」

「まぎらわしい話し方で、値段や数をごまかす」

こういったトラブルが、起こっているのです。

 

狙われやすいのは、金やプラチナを使用した貴金属、やアクセサリですね。

ここ数年の金の価格上昇と円高により、業者にとっては「狙いどころ」なんです。

 

そして、そんなトラブルがあまりにも多いので、来年2月(予定)から、

押し売りに対するのと同じ法律(特別商取引法)で取り締まる事になりました。

売買契約を無かった事にする、クーリングオフが、押し買いにも適用されるようになります。

また、何度も何度もしつこく交渉する事も出来なくなります。(交渉は一度だけに制限)

 

 

ただし、まだその法律が施行されていないので、来年2月までは逆に

最後の荒稼ぎとばかりに、押し買い業者が活発になる恐れもあります。

 

そして残念な事ですが、一部の遺品整理業者の中にも、

押し買いまがいのことをしている業者もいるようです。

 

■安心な買取業者を選ぶには

まず事前にWebサイトなどで、その会社を調べてみましょう。

まともな会社なら、中古取り扱いの古物商の許可番号を掲載しています。

Webサイトで無くとも、電話や現地で問いただしてみて下さい。

 

もっとも、許可番号どころか、会社の名刺すら出そうとしない業者もいます。

そういう業者は、いかに人のよさそうなオジサンだったとしても、警戒した方が良いです。

 

 

もちろん、遺品整理.comでは、古物買取の資格を取得しています。

他にも、ご信頼頂けるよう、遺品整理士資格など、各種の資格を取得しています。

売却額の交渉も基本的には一度だけです。(お客様からの交渉は何度も受付ています)

札幌で(比較的)長く遺品整理の仕事を続けて参りました実績もございます。

 

それでもなお、当社で御不快な思いをされた方がいらっしゃいましたら、

Webサイトの問合せフォームから、御苦情などお知らせ下さい。

しかるべき立場の人間に転送される仕組みですので、

うやむやにすることなく、責任をもって対応させて頂きます。

ご両親の死後、葬儀費用等を口座からお金を引き出しても良い?

故人の預金は、相続の対象となります。

よって、相続の手続きが終わるまで、

勝手に引き出して使用することは、原則的に出来ません。

 

銀行の方でも、口座の持ち主が亡くなられた事を知り次第、口座を封印してしまいます。

きちんと相続したことを示す書類が無ければ解除することはできません。

 

銀行にバレないうちに・・・と急いで引き出したりしても、

口座の取引履歴ですぐ分かりますから、

後に財産分与の話し合いの際にトラブルの元になったりします。

 

では、死後の葬儀や遺品整理に掛かる費用は、どうすればいいでしょうか。

生前のうちに、きちんとそこまで遺書で定めておくなどの対応ができればベストですが、

そうそう完全に準備した上で亡くなられる方というのも稀有なケースです。

 

以前の記事で紹介したエンディングノートを利用したり

あるいは遺品整理.comと提携している、

こちらの窓口でも無料相談を行っておりますので

こういった仕組みをご利用になられてはいかがでしょうか。

形見分けトラブルで揉めない為には、早めに手を打つこと

このブログのアクセス解析を見ていると、遺品整理に伴う「形見分けのトラブル」について調べている方が非常に多い事が分かります。

相続トラブルは、何も金銭や不動産だけではないんですね。人間の物欲や、関係者の方の良い意味での形見の品への「思い入れ」が、事態をややこしくすることがあります。

 

いずれにせよ、トラブル回避の為にも必ずしなければならないのは、故人の遺品のリスト化(遺言等があれば、それらの行き先まで含めて)と、価値の査定です。

葬儀の前後はさすがに喪主の方も親戚の方も大変な状態ですが、初七日、四十九日頃になると、そのような実務的な後処理のお話が出てきます。

その際のお話合いをスムーズにする為にも、あらかじめお早目に各種見積り取っておくとよいでしょう。

遺品整理.comなら、お電話一本・ひとつの会社だけで、家屋の清掃、処分、遺品の鑑定、不要品の処理費用、その他まるごとまとめてすべて査定できるので、手間がかかりません。

遺品整理・形見分けを行う際のマナー、よくあるトラブルと対策

当社の名を騙る業者がいるようです。ご注意ください!

昨今、当社(株式会社ルーツ・オブ・ジャパン)の名を騙り、

「あの有名な会社の遺品整理の仕事は、実際には自分達がやっているんだ」

などと、虚偽の事実を元に、札幌で営業活動を行う業者がいるようです。

 

当社では、遺品整理作業は自社スタッフによって行っており、外部業者に委託している事実はございません。

当社の名を騙るニセ業者にご注意ください。

ご不審の点があれば当社フリーダイヤル0120-828-964までご確認下さい。

万一、お客様とニセ業者の間でトラブルが起こりましても、当社で責任は負いかねます。

 

違法な遺品整理業者との料金トラブルを防ぐ方法

全国的に独居状態の高齢者の方が増え、

それに伴って遺品整理を代行する業者も増加しています。

 

特に監督する行政機関もなく、比較的新しい業態であるため、

中には違法な業者も多数おり、

依頼者の方との料金トラブルを起こすこともあります。

————————————

違法な遺品整理代行業者を見抜き、料金トラブルを防ぐには

(1)廃棄物処理に関するきちんとした資格を持っているか

廃棄物を処理、運搬する為には、適する資格が必要です。
ホームページに全く記載がない、電話で聞いても答えない、
「提携先がある」という癖にその提携業者の名前を言わない、
そういった業者は避けた方が良いでしょう。

(2)現地での見積りをきちんと行うべき

お客様もお忙しい事とは思いますが、事前にきちんと現場見積りを行うべきです。
何がどれだけあるかも分からない内に、電話口で価格を決めてしまう事は不可能です。

逆に、状況も分からないうちから適当に値段を言う業者は、要注意です。
どんな作業を行い、何部屋分の清掃を行い、どのような機材が必要で、
買取可能な物品がどれだけあって、どのような状態か…
きちんとしたプロであるほど、事前の調査がしっかりしています。

できるだけ事前に料金を知りたい!という欲求も当然かとは思いますが、
結果的に、現地での追加料金が次々発生することになりかねません。

処分品がタンス一個・テレビ2個とか、事前にハッキリ作業内容と
数量が分かっていればその限りではありませんが、
料金トラブルを避けるためには、厳密な遺品整理見積りを取るべきです。

(3)法律をきちんと守る業者か

一部の家電製品などは、リサイクル料金、処分料金が法で定められています。
「なるべく安く片付けて欲しい」という消費者心理もごもっともですが、
その料金を無視する業者は、不法投棄するか、他で埋め合わせするしかありません。

不法投棄は依頼した側(お客様)の責任も問われますし、
違法な業者と関わる事で、結局お客様の「損」になります。
そもそも平気でズルをする業者を、信用できるでしょうか。

———-

他にも色々と、信用できる業者の見極め方はあるかと思います。

弊社では、「安心の業者である」事を示すため、「遺品整理士認定協会」(業界団体)にも参加しております。

今後もお客様の安心と信頼の為、遺品整理.comは努力して参ります。