Archive for 札幌市北区

新年明けましておめでとうございます。

皆様、新年あけましておめでとうございます。

遺品整理.comでございます。

年末のブログでも紹介しましたが、新年早々に札幌市外の遺品整理を2件ほど片づけてきました。

1件は小樽市、1件は北広島市です。今月は岩見沢市もご依頼いただいており

道内多種多様エリア、当社では札幌近郊も対応しております。

各地方自治体ごとに処分方法が違っていたりするので、久しぶりのご実家だと分別方法がわからなかったり大変ですよね。

当社では、コンプライアンスを順守した作業内容となっており
社会問題である【不法投棄】は絶対にしません!!

※ リサイクル家電の取り扱いに関しては、家電リサイクル券取扱優良店にもなっていますよ。

本日のブログは説明チックになってしまっていますが、道外にお住まいのかた!(もちろん札幌の方もですがw)

帰省のタイミングにあわせてお見積りはいかがでしょうか?

お見積りは無料で承っておりますのし、ご予算に合わせたお片付けをご提案させていただきますので気軽にご相談ください。

作業方法もご遺族と相談の上決めさせていただきます。

遠方のお客様はカギのお預かりや作業後画像の送付、お振込での支払い等さまざまなご提案をさせていただきます。

また、不動産会社の紹介、空き家管理の会社、ハウスクリーニングの会社、解体や消臭など
対応・ご紹介できますので

当社にご依頼いただければ全て一発で解決です!!

遺品整理.com

南区にてご兄弟の家の遺品整理

皆様こんにちは。

先日は南区にて遺品整理に行ってまいりました。

御依頼主様にお話を聞くとご兄弟の家の遺品整理との事でした。

とても立派な家で物の量が多い現場ではありましたが、

家の中には写真など思い出の品もたくさんあった為、細かく慎重な作業を行いました。

 

やはり遺品整理の場ではどのお客様の家でも写真など多くの思い出の品が眠っております。

そういったものをしっかりとご家族の元へお返しするのも私たちの1つの役割となります。

ただ片付けるのではなく、ご依頼を下さったお客様に精一杯の誠意を返す。

そういったことも私たちの仕事の重要な部分であり醍醐味なのです。

 

江別市での親の家の片付け

大変長い冬眠から目覚めました。お久しぶりです。

遺品整理.comです。

札幌では天気の安定しない日々が続いておりますが皆様いかがお過ごしでしょうか?

本日は江別市にて一軒まるまるのお片づけのご依頼をいただきました。

「親が施設に入居し、ご自宅に戻る予定がないので親の家を片付けたい。」とのご依頼です。

当社にくるご依頼の中には遺品整理の他にも今回のような施設入居に伴い、もう家に戻らないから片付けたいというものもあります。

共働きのご家庭も増えている昨今の事情ではご家族でお片づけするにもなかなかお時間がなかったり、片付けようにもどこから手をつけて良いかわからないという事も悩みの種ではないでしょうか?

そんな不安を抱えるあなたの救世主となりお悩みを一気に解決します!

数え切れない実績をもつ僕たちにご相談を!

作業終了後、お客様の確認を頂いた後、涙を流して感謝頂ける事がありますが、そのときはこの仕事を本当に誇り思えると実感します。

ご自宅の奥深くに長らく眠っている物等、是非拝見させてください。

あなたが不要品だと思う物もまた誰かの手に渡りそのお品の価値が生まれ変わるわけです。

お悩みの際は、まず一度ご相談ください。

当社の熟練のスタッフがお力添えさせていただきます。

 

遺品整理.com

新年度、節目です!遺品整理.com

こんにちは!!

助手の吉住です。

中澤教授の遺品ブログ(http://ihin-blog.com/)から新年度よりこちらに移動いたしました。

よろしくお願いいたします。

 

新年度が始まって、身の回りも心機一転。
巷では消費税がUPなど、今年の四月というのはいつもよりインパクトのある節目だと感じています。

ここ札幌の地も雪解けが進み、ご遺品のお片付けの作業のしやすい時期になってまいりました。

消費税がUPしても、ご遺族の方に安心してご依頼いただけるようお値段について企業努力を重ねております。
ご遺族が希望されれば、ご遺品の買取も強化中です。

新年度も、スタッフ一同、故人が愛用していたお品物を、同じくらい「宝物」のように感じていただける方へのバトンタッチをお手伝いしています。

 

お客様のことを一番!!!! 当社は真心な作業を約束致します。

遺品整理 札幌市でお悩みの際は当社までご連絡下さい。

遺品整理のフエイスブックページ

遺品整理のヤフーロコページ

【遺品整理裏話】札幌市北区きれいな一軒家でのお仕事。しかし最大の罠が…

(後半、グロい話が含まれています。お食事中の方などはご注意ください)

 

こんにちは。

遺品整理.com札幌店スタッフのhiraです。

 

先日も、遺品整理の現場に伺って参りました。

買取品とお客様にとっての不用品を分別し、片付けるお仕事です。

今回は、札幌市北区の一軒家。二階建てで庭付きのご立派なお宅です。

 

 

かなりきれいにお住まいを使われていたようで、

残された荷物こそ多いものの、特に問題もなく、

朝から始めた片付け作業も、順調に進んでいました。

 

 

ただ一つ、問題らしい問題と言えば・・・

冷蔵庫の中身が、一か月以上前の状態そのまま、だったことです。

しかも、魚介類などの、生モノが満載の状態で。

 

きれいに整理されていたお宅でしたので、自分もちょっと油断してました。

冷蔵庫を運ぶ為に、何気なく中身の確認の為に引き戸を開けた所・・・

アジやイカなどの魚介が、ドロドロに溶けた汁状で、

包装ビニールやスチロールトレイを浮かべたまま、

たぷんたぷんと波を打っていました。

 

途端、周囲に立ちこめるすさまじい悪臭。

自分を始め、こういった状況に慣れているスタッフでも、

一瞬息が詰まるほどのバッドスメルでした。

 

 

もちろんこういったケースでも、片付けるのが私たちの仕事です。

直接、ドロドロの液体に触れない様、

ゴム手袋の上からさらに小型ビニール袋をかぶせて、

その状態で、かろうじて原型の残っている冷蔵庫内の様々なものを

丈夫な別の大型ビニール袋に移していきます。

 

そして、廃棄予定の布類を冷蔵庫の引き戸に詰め込み、

底に溜まった変な汁を吸いこませ、それもまた分厚いビニール袋の中へ封印。

冷蔵庫を持ち上げても汁が垂れない状態になりましたら、

手早く外へと運び出します。

 

 

これらの作業は、もちろんマスクを付けた上、

ほんの10分程度で行ったわけですが、

やっぱり強烈なにおいと言うのはなかなか消えないもので、

しばらく自分の手からは、えらい匂いを発し続けていました。

 

 

遺品整理の仕事をしていると、こういった事は、良くあります。

しかし、お客様の前では嫌な顔は決して出せません。

それが仕事であり、こちらが「やらせて頂いている」作業だからです。

 

ご依頼主様の心労、ご負担を請け負う事こそが、この仕事の本質です。

これからも現場の冷蔵庫には、真摯に取組んで参ります。

どんな状態の家屋でも、片付け・掃除、不用品の整理を致します。

いわゆる「ゴミ屋敷」であっても、ご遠慮なく当社までお申し付け下さい。

 

 

 

 

 

蛇足ですが、

 

今回の現場では、

すべて片付けたと思った矢先、床下収納から

同じように数カ月経った生モノが発見されました・・・

 

一軒家は、意外と収納が多く、最後まで油断できません。

どんな現場でも油断してはならない。

改めて学んだ、今回の一件でした。