Archive for 高齢化社会

北海道から家財評価アドバイザー資格認定試験。 前編

JRO(日本リユース機構)総会

遺品整理という言葉が社会課題になり世に知られ約10年ですが、どんどん遺品整理や家財片付けの業界が変わってきています。

先日当社も加盟し北海道代表をさせていただいている一般社団法人日本リユース機構(以下JRO)の総会とJROが講習と認定する新しい資格家財評価アドバイザー講習と試

JRO(日本リユース機構)総会

日本リユース機構総会での全国代表のの古物商経営者達との集合写真

験の為に社長と見積の総責任者でもある工藤部長とで東京で数日の缶詰出張をしてきました。

JROは日本全国のリユース業者(俗に言うリサイクルショップ)の平成18年に発足した業界団体であり、日本でリユースに関して最もアクティブな団体でもあります。

環境省や経産省や消費者庁や各地方行政団体はじめとした官公庁と業界の調整を行い昨今の将来の為に急務であるリユースの発展の責務を担っている団体でもあります。

総会には毎回各省庁の官僚の方々が参加され、日々JROが各省庁と調整してきた方向性の説明や質疑応答意見交換を行うのですが、今回は格別なメインディッシュの家財評価アドバイザー講習と試験があり私達北海道からの参加者だけではなく日本全国の同業者の代表達が缶詰で再勉強した。

北海道民の家財評価アドバイザー受講初夏6月特に私達道産子は暑さにバテバテ。移動の暑さに加え、室内温度も高め!

クールビズで東京のエアコンの設定も高めなので、タイの子会社に行き慣れている私達でも他の地域から来ている人に比べ異常な汗、、、

頭もモワァ~っとする感覚!北海道民ならわかりますよね?

今回の会場は御徒町のアプレジュエラーズさん、缶詰状態で中古車一台分くらいの出張費を使わさせていただいている以上落ちるわけにもいかず、すかさず一階のコンビニで暑さ対策品購入です。

冷却シートを首筋に貼り、体感温度マイナス2度!凍ったアクエリアスを股間に挟みさらにマイナス2度!

頭がぽぉーっとしなければ、10年間も日頃真面目にやっている業者なので実力の見せどころです!

国の方針も、JROの方針も、我が社が追い求めてきた方針も同じ!

あくまでリユースを最重要課題としての家財評価アドバイザー講義、水を得た魚とはまさにこのこと。

>続きは後編で!

新年明けましておめでとうございます。

皆様、新年あけましておめでとうございます。

遺品整理.comでございます。

年末のブログでも紹介しましたが、新年早々に札幌市外の遺品整理を2件ほど片づけてきました。

1件は小樽市、1件は北広島市です。今月は岩見沢市もご依頼いただいており

道内多種多様エリア、当社では札幌近郊も対応しております。

各地方自治体ごとに処分方法が違っていたりするので、久しぶりのご実家だと分別方法がわからなかったり大変ですよね。

当社では、コンプライアンスを順守した作業内容となっており
社会問題である【不法投棄】は絶対にしません!!

※ リサイクル家電の取り扱いに関しては、家電リサイクル券取扱優良店にもなっていますよ。

本日のブログは説明チックになってしまっていますが、道外にお住まいのかた!(もちろん札幌の方もですがw)

帰省のタイミングにあわせてお見積りはいかがでしょうか?

お見積りは無料で承っておりますのし、ご予算に合わせたお片付けをご提案させていただきますので気軽にご相談ください。

作業方法もご遺族と相談の上決めさせていただきます。

遠方のお客様はカギのお預かりや作業後画像の送付、お振込での支払い等さまざまなご提案をさせていただきます。

また、不動産会社の紹介、空き家管理の会社、ハウスクリーニングの会社、解体や消臭など
対応・ご紹介できますので

当社にご依頼いただければ全て一発で解決です!!

遺品整理.com

江別市での親の家の片付け

大変長い冬眠から目覚めました。お久しぶりです。

遺品整理.comです。

札幌では天気の安定しない日々が続いておりますが皆様いかがお過ごしでしょうか?

本日は江別市にて一軒まるまるのお片づけのご依頼をいただきました。

「親が施設に入居し、ご自宅に戻る予定がないので親の家を片付けたい。」とのご依頼です。

当社にくるご依頼の中には遺品整理の他にも今回のような施設入居に伴い、もう家に戻らないから片付けたいというものもあります。

共働きのご家庭も増えている昨今の事情ではご家族でお片づけするにもなかなかお時間がなかったり、片付けようにもどこから手をつけて良いかわからないという事も悩みの種ではないでしょうか?

そんな不安を抱えるあなたの救世主となりお悩みを一気に解決します!

数え切れない実績をもつ僕たちにご相談を!

作業終了後、お客様の確認を頂いた後、涙を流して感謝頂ける事がありますが、そのときはこの仕事を本当に誇り思えると実感します。

ご自宅の奥深くに長らく眠っている物等、是非拝見させてください。

あなたが不要品だと思う物もまた誰かの手に渡りそのお品の価値が生まれ変わるわけです。

お悩みの際は、まず一度ご相談ください。

当社の熟練のスタッフがお力添えさせていただきます。

 

遺品整理.com

孤独死について

お久しぶりの投稿になります、遺品整理会社勤務中のYOSHIMUPです。今日は久しぶりに晴れて、通勤も楽に行くことができました。もう少しでクリスマスになります、皆様はプレゼントとかは購入済みでしょうか?

札幌市でクリスマスでにぎわう中、国内でとても悲しいことに孤独死・孤立死が増え続いております。
年配の方が多いと勘違いされる遺品整理の現場ですが、最近の傾向は….若い人が孤独死となって発見されるケース目立っています。

まだ若いのに悲しいですよね。だれも手を差し伸べることができなかったのかと思うと…悲しくなってしまいます…
戦後の日本、貧しい環境の中で「助け合い」「思いやり」が大切だと言われ続けました….
今では、デジタルな環境、豊かな環境で育った若者が多く「思いやり」が以前より少ないと私は感じます。

自分にできることとは何か?答えが今出なくても…いずれは出るかと思いますので、できるだけ笑顔でお客様と対応していくと私は今後「心がこもった」遺品整理を目指したいと思います。

遺品整理.com
フリーダイヤル 0120-828-964

孤独死を予防する方法

お久しぶりの投稿でございます、札幌市で遺品整理勤務中のYOSHIMUPです。札幌市内でやっと雪が降り、本格的な冬となりました。冬になると雪かき・除雪・屋根雪下ろしの季節ですね。

最近マスメディアで遺品整理に関しての注目が高まっている気がします。インターネットのユーチューブで【遺品整理】を検索すると沢山の映像がアップロードされています。それなりにユーザも見ているし、これからの日本では「高齢化社会」が本格的に始まっているのですから、ますます遺品整理を行う業者の必要と言われる世の中になるのではないかと私は思います。高齢化社会がますます進むとおそらくですが、「孤独死」で亡くなる方も増えるのではないかと思います。

今の若い人たちは、結婚をしないで独身で平気として生活していますが、30歳を過ぎると結婚できる確率が下がるという報告データもあり、歳をとり、結婚するタイミングを逃がしてしまうと…将来だれにも発見されずになくなるリスクももちろん高くなるのではないかと思います。できれば早い段階で結婚をおすすめしますが、まわりのコミュニティーと繋がりをもつのも大事かと思います。例えたらボランティアとかも出会いの可能性がありますし、婚活パーティに参加するのもよい方法の一つだと思います。

遺品整理、生前整理に関するお悩みは当社までご連絡下さい。

フリーダイヤル 0120-828-964

遺品整理.comまでお願います

 

笑うことは健康に役立つ

病気の人は暗い気持ちになるのは、当然かもしれません。重い病気であれば不安
とも戦わなければなりません。それが長引くと、心身ともに影響が生じます。

ところが、ユモアーのセンスを持つ病人は、療養中明るく過ごすようです。
見舞いに来た人でさえ励まされ,力づけられることがあります。
とくにユモアーのセンスが欠ける日本人の私たちは、どうすればそれが身に付くで
しょうか?
周りの人に冗談を言ったり、おもしろいビデオを見て笑ったりすることが役にたちます
また友人や親族と連絡を取り合うことも助けになります。

古いことわざに(喜んでいる心は、よいくすり)というのがあります。
現代医学でも、笑いと病気の回復には関係あることがわかっています。

あなたのまわりに病気の人がいらっしゃるなら、ぜひ楽しかったことを話してあげま
しょう。もしあなたご自身が病気ならどうぞ、楽しかったことを思い出し、友人と連絡
を取るのはどうでしょうか??

遺品整理.com
ヤフーロコ

高齢の人に励ましが必要。。

老いた親の中には、
出来るだけ子供達のお荷物にならないように生活しようと思っている方が、
多くいます。

たまにかけた電話にも『元気だよ』と答えて心配させまいとしたり、
またある親は『もう自分は役に立たない…』と感じる人もいるようです。

それは健康面の衰えを実感しているからです。

『自分は役立たず…お荷物…』

本当にそうでしょうか?
いいえ、そうではありません。

ある研究によると、高齢になっても学習によって、新たな回路が脳の中に出来上
がるようです。何らかの生産的活動に携わることにより、充実感・達成感・生き
甲斐を得る事は可能です。
周りの身近な人には何ができるでしょうか?

子供や孫達ならば、離れて暮らす親に、大切に思っていることを、手紙に書いて
みるのはいかがですか?

近所の人はどうでしょうか?
気遣う気持ちを一声かけることもできます。

愛情の反対は無関心…。

人が生きてゆくのに、
『愛』は欠くことの出来ないものだからです。

札幌で暮らして4年、遺品整理業に転職


最近通勤中に親のことが気になるようになりました。親たちは沖縄にいて私は
北海道、もし近い将来何かあったら、どうしたほうがいいのかと色々な想像が頭
をよぎります。
 現在遺品整理業会で務めているのですが、お客様の状況もさまざまです。
私と同じく親族と離れて暮らしている方々もいます。もし近い将来、急
に親族の不幸があった場合。あなたなら急に準備できますか?もし急な不幸にあ
った時、精神的に辛い状態ですから、まともな判断は難しいと思います。病院の
サービスもさまざまと同じように、遺品整理業界でも会社によって提供できる
サービスもさまざまです。見積もり以上に多額のお料金を請求する業者もいるのも事実です。
私たちは会社のコンプライアンス部分に重点を置き、お客様に適正な値段を提供
できるよう工夫いたしております。おかげさまで札幌市を拠点に2000件
以上の実績と、多数のテレビ等などにもご紹介を頂いた経緯がございます。
私たちは色んなケースを想定して営業活動をしております。お客様の気持ちを少し
でも和らげることができれるよう、お客様の立場に立って最適なプランをご提
案いたします。
ご質問、お問い合わせ等はこちらまで 0120-828-964
ホームページ
ヤフーロコ
フェイスブック
お問い合わせ、ご質問はこちら

札幌で遺品整理会社としての役割と責任

遺品整理 札幌12月記録

現代ほど"遺品整理"という仕事に対し、かなり注目が集まっている時代ではありつつも、
福祉関連では我が国日本は、準備不足という出口のない悪循環に突入しようとしています。
わが国の高齢化の急速な進展にともない、今遺品整理業は特に"需要"が高まっています。
故人のお部屋の片づけ、清掃、不要品の処分などの依頼が多い現在、私たち一同はお客様
の心のケアに対し重点をおいていると同時に満足の行くサービスを日々心がけております。
現代の生活サイクルにおいては、時間的にも人手の面でも、ご遺族の力だけでは間に合 わないのが現状です。こうした社会背景を受け、遺品整理業の事業者数も以前より増え
ています。
現在、遺品整理業に関する法整備がほとんど整っていないのが現状です。不要品を不法投
棄したり、追加で高額な料金を請求するような業者も存在します。
私たち一同は、お客様に満足できる見積もりを提案すると同時に、見積もりを親切でわか
りやすいように説明いたします。
札幌でも有数の実績のある遺品整理業者です。札幌の数々あるテレビ局に当社の活動を紹
介していただ経緯もあり「顔を見せられる業者」として、日々営業活動をしております。
遺品整理ドットコム 北海道札幌市豊平区月寒西三条10丁目2-48
tel 0120-828-964
ホームページへ訪問する
ヤフーロコページへ訪問する
フエイスブックページへ訪問する
お問い合わせ、ご質問はこちら

本日、当社の遺品整理サービスの模様がUHB様にて放送されます

本日、当社の遺品整理サービスの様子がテレビで紹介されます!

 

北海道文化放送(UHB)3:55-5:54「U型テレビ」

11月15日「急増する遺品整理サービス そのウラ舞台に密着」
http://uhb.jp/program/u-gata/

ぜひご覧ください!

 

 

増え続ける孤独死、高齢化などの問題は、

マスメディアを始め全国民にとっても課題なのだと思います。

こういった機会を通じて、皆さまがご自身やご家族の死後について

考えたり、準備したりするきっかけになればと思います。