Archive for 葬式

新年明けましておめでとうございます。

皆様、新年あけましておめでとうございます。

遺品整理.comでございます。

年末のブログでも紹介しましたが、新年早々に札幌市外の遺品整理を2件ほど片づけてきました。

1件は小樽市、1件は北広島市です。今月は岩見沢市もご依頼いただいており

道内多種多様エリア、当社では札幌近郊も対応しております。

各地方自治体ごとに処分方法が違っていたりするので、久しぶりのご実家だと分別方法がわからなかったり大変ですよね。

当社では、コンプライアンスを順守した作業内容となっており
社会問題である【不法投棄】は絶対にしません!!

※ リサイクル家電の取り扱いに関しては、家電リサイクル券取扱優良店にもなっていますよ。

本日のブログは説明チックになってしまっていますが、道外にお住まいのかた!(もちろん札幌の方もですがw)

帰省のタイミングにあわせてお見積りはいかがでしょうか?

お見積りは無料で承っておりますのし、ご予算に合わせたお片付けをご提案させていただきますので気軽にご相談ください。

作業方法もご遺族と相談の上決めさせていただきます。

遠方のお客様はカギのお預かりや作業後画像の送付、お振込での支払い等さまざまなご提案をさせていただきます。

また、不動産会社の紹介、空き家管理の会社、ハウスクリーニングの会社、解体や消臭など
対応・ご紹介できますので

当社にご依頼いただければ全て一発で解決です!!

遺品整理.com

世界のさまざまなお葬式-ハワイ編

今日は世界のさまざまなお葬式の話をしたいと思います。観光島、ハワイのお葬式
事情についてお話をしたいと思います。南国で穏やかなイメージのハワイですが、
お葬式に関しまして一言で例えると「派手」ということばがお似合いではないかと思
います。
日本でのお葬式の場合は、暗いイメージで洋服も黒ずくめなんですが、、ハワイだと
洋服の色は色とりどりでアクセサリーも、沢山付けて構いません。
ハワイでのお葬式は、生きていた事を記念する意味を持つお葬式ですので、唄やフ
ラダンス、ビデオショーまでやったりしています。
世界ではいろいろな文化があって勉強になりますね。
当社は葬儀会社の紹介なども行っております。お気軽にご連絡ください。
TEL 0120-828-964
遺品整理を札幌市でお探しなら遺品整理.com
遺品整理.com ヤフーロコ
遺品整理.com フェイスブック

お通夜でのマナーについて1

札幌市で遺品整理会社勤務中のyoshimupです。今日はお通夜のマナーについて
お話をしたいと思います。訃報(ふほう)の知らせは突然やってくるものです。急な訃
報の知らせでも慌てない様に、落ち着いて最後のお別れが出来るように、作法やし
きたりなど最低限のこと覚える必要があります。
まず確認することから始めます
①なくなった方はどなたか?
②通夜と葬儀の行われる時間と場所
③喪主(もしゅ)は誰か
④宗教、宗派
訃報を受けて、次は弔問(ちょうもん)
①遺体の枕元まで進み、遺体に対して一礼します。
②亡くなった方の家族が白布をとってくれたら、両手はのまま顔を見て、一礼します。
③両手を合わせて、冥福を祈る。
④対面を終えたら一礼して、その場を離れる。
当社は葬儀社の紹介も行っております。
TEL 0120-828-964
遺品整理を札幌市でお探しなら遺品整理.com
遺品整理.comのヤフーロコ
フェイスブックページ

琉球文化の「二回葬」

こんばんは、今日も遺品整理の仕事が無事に終わり、家でのんびりしているyoshim
upです。今日は沖縄での伝統的な葬式の方法をご紹介したいと思います。
独自の文化と風土がある沖縄ですが、かつては沖縄ならではの方法として、洗骨と
埋葬の二度のお葬式を行う「二回葬」があるそうです。
おそらく皆さんは初めて聞く「洗骨」ですが、埋葬した遺体が朽ちる数年後に掘
り出して、骨だけを出し洗うというものです。洗骨後の骨は、陶器や木製の骨壺に
入れて、ふたたびお墓に埋葬することとなります。
最近では火葬中心が多いのですが、離島などではこういった葬式の儀式が今でも
守られている家庭があるそうです。ちなみ沖縄では大きい墓を建てるのが一般的で
広い土地で拝んだりしています。旧正月の16日にはお墓の前に家族、親族が集まり
ご先祖に対しての儀式が終わった後、祭りを行うそうです。
遺品整理を札幌市でお探しのなら遺品整理.com
遺品整理.comヤフーロコページ
フェイスブックページ

外国での変わった葬式

日本では清潔な形で葬式が行われるのですが、チベットではちょっと変わった葬式
がありますのでご紹介したいと思います。皆さん「鳥葬」という言葉を聞いたことがあ
るのでしょうか??おそらく初めて聞いたという方が多いではないかと思います。
鳥葬とは、亡くなった方の遺体を、鳥に食べさせる埋葬の仕方で、チベットの人から
見ればごく一般的なお葬式です。魂の抜けた肉体を鳥に布施して、鳥とともに舞い
上がり、天に還るといわれています。
日本人から見れば、グロテスクのような感じもするのですが、チベットではそれが
一般的な葬式です。世界にはさまざまな風習があって不思議な感じがします。
当社は葬儀会社のご紹介等も行っておりますのでお気軽にご連絡してください。
TEL=0120-828-964
札幌市の遺品整理会社 遺品整理.com
遺品整理 ヤフーロコページ
遺品整理 フェイスブックページ