形見分けトラブルで揉めない為には、早めに手を打つこと

このブログのアクセス解析を見ていると、遺品整理に伴う「形見分けのトラブル」について調べている方が非常に多い事が分かります。

相続トラブルは、何も金銭や不動産だけではないんですね。人間の物欲や、関係者の方の良い意味での形見の品への「思い入れ」が、事態をややこしくすることがあります。

 

いずれにせよ、トラブル回避の為にも必ずしなければならないのは、故人の遺品のリスト化(遺言等があれば、それらの行き先まで含めて)と、価値の査定です。

葬儀の前後はさすがに喪主の方も親戚の方も大変な状態ですが、初七日、四十九日頃になると、そのような実務的な後処理のお話が出てきます。

その際のお話合いをスムーズにする為にも、あらかじめお早目に各種見積り取っておくとよいでしょう。

遺品整理.comなら、お電話一本・ひとつの会社だけで、家屋の清掃、処分、遺品の鑑定、不要品の処理費用、その他まるごとまとめてすべて査定できるので、手間がかかりません。

遺品整理・形見分けを行う際のマナー、よくあるトラブルと対策