Archive for 11月 2012

遺品整理現場での流れ遺品整理.com

遺品整理.comでは作業に入る前に合掌、黙祷を徹底しております。

ご遺族の方にとっても大切な想い出の品をお片付けさせていただく事、故人を偲ぶ気持ちを再認識する為です。

決して省略やなおざりにしてはならない過程の一つと考えます。

その後はお客様との事前打ち合わせに従い、残す物、片付ける物に分類し

残す物を分けた後に本格的な片付けを行ってゆきます。

作業時は淡々と丁寧に片付けを行います。

作業を見守るお客様、作業を見ていると涙が止まらない為作業中は席を外すお客様、色々な方がいらっしゃいます。

共通して言える事は故人の大切な品物は丁寧に、確実に責任を持って適切な処理をおこなわせていただくという事です。

遺品整理の実績には自信があります。

ご連絡先はフリーダイヤル0120-628-964となっております。

札幌市(中央区・東区・西区・南区・北区・豊平区・白石区・厚別区・清田区・手稲区)の他

石狩・江別・北広島・小樽・千歳・恵庭・苫小牧・岩見沢・旭川・函 館・釧路・帯広・北見・大空・美幌・室蘭・登別・伊達・網走・滝川・根室・稚内・留萌・名寄・美唄・砂川・三笠・夕張・美唄・深川・富良野・北斗・紋別・ 赤平・芦別市等の北海道全域にお伺い致します

遺品の整理中に、現金が見付かることもあります。もちろん、しかるべき相手にご返却します。

先日、このような報道がありました。

生活保護の女性宅から4千万円 親族が札幌市に返還意向
http://www.asahi.com/national/update/1107/TKY201211071006.html

 

これほどの規模では無いにしても、遺品整理の現場からは、

多かれ少なかれ金券や現金が発見されることが多いです。

タンスの中や、ちょっとした小物入れにコインや札がバラバラに入っていたり、

貯金箱代わりのコーヒー瓶が見つかったり、等など・・・

 

当社では、現場での監督役スタッフが厳しくチェックし、

小銭に至るまできちんと管理した上で、ご依頼主さまにご報告・ご返却致します。

遺品整理の作業中に発見される小銭は意外と多いものです

 

先日も同じように記事にしましたが、

業者によって、こういったスタッフ教育、管理が出来ているかどうか、

遺品整理をご依頼される前に、見極めが必要かもしれません。

 

こんな事は、お客様との信頼関係として、仕事として、

あたりまえの事ではありますが、遺品整理.comのスタッフは、

今後もその「当り前」を忠実に実行して参ります。

 

遺品整理.com 孤独死について

孤独死の起こりやすい要因として下記の5点があるようです。
・高齢者
・親族が近くに住んでいない
・定年退職または失業により職業を持たない
・慢性疾患
・アパートなどの賃貸住宅

お子様やお孫さんの生活に迷惑がかかるとして独居を選ぶ高齢者の方が増えてきているようで
金銭的困窮や病気の為、食事を満足に行えず餓死してしまうケースも実際に起こってきております。

ご家族、親類と離れて暮らしていてしばらくご連絡を取られていない方はぜひご連絡を取るようにして下さい。

生命に関わる事ですので予防が大切になってきます。

札幌で遺品整理の業種に携わり様々なご依頼をこなしてきて勉強させていただいた事は

知らないでは済まされない、無関心では通らない事もあるという事です。

もしもの場合は弊社の連絡先を片隅でも良いのでお手元に置いていただければ幸いです。

ご連絡先はフリーダイヤル0120-628-964となっております。

札幌の遺品整理業者をお探しでしたら遺品整理.comへ

近年孤独死に関する報道が顕著となってきております。

孤独死に発展してしまうのには様々な要因が考えられます。

人間関係、急な疾病によるもの、地域コミュニティの希薄さ、etc…

当社への遺品整理のご依頼は年々増加傾向にあり。

社会への必要性を再認識している次第です。

遺品整理という作業は性質上精神的にも肉体的にも大変な負荷がかかります。

長時間の肉体労働、故人を思い返し作業が止まってしまったりとご家族、親類の方達だけで行うのは大変です。

特に賃貸物件を借りていて期日迄に部屋の中身を全て処分、清掃まで行うとなると限られたスケジュールではお仕事をされている方では厳しい状況ではないでしょうか。

遺品整理.comでは遺品のお片付け、簡易清掃を退去可能レベルまで確実に遂行致します。

ご連絡先はフリーダイヤル0120-628-964となっております。

【遺品整理裏話】札幌市北区きれいな一軒家でのお仕事。しかし最大の罠が…

(後半、グロい話が含まれています。お食事中の方などはご注意ください)

 

こんにちは。

遺品整理.com札幌店スタッフのhiraです。

 

先日も、遺品整理の現場に伺って参りました。

買取品とお客様にとっての不用品を分別し、片付けるお仕事です。

今回は、札幌市北区の一軒家。二階建てで庭付きのご立派なお宅です。

 

 

かなりきれいにお住まいを使われていたようで、

残された荷物こそ多いものの、特に問題もなく、

朝から始めた片付け作業も、順調に進んでいました。

 

 

ただ一つ、問題らしい問題と言えば・・・

冷蔵庫の中身が、一か月以上前の状態そのまま、だったことです。

しかも、魚介類などの、生モノが満載の状態で。

 

きれいに整理されていたお宅でしたので、自分もちょっと油断してました。

冷蔵庫を運ぶ為に、何気なく中身の確認の為に引き戸を開けた所・・・

アジやイカなどの魚介が、ドロドロに溶けた汁状で、

包装ビニールやスチロールトレイを浮かべたまま、

たぷんたぷんと波を打っていました。

 

途端、周囲に立ちこめるすさまじい悪臭。

自分を始め、こういった状況に慣れているスタッフでも、

一瞬息が詰まるほどのバッドスメルでした。

 

 

もちろんこういったケースでも、片付けるのが私たちの仕事です。

直接、ドロドロの液体に触れない様、

ゴム手袋の上からさらに小型ビニール袋をかぶせて、

その状態で、かろうじて原型の残っている冷蔵庫内の様々なものを

丈夫な別の大型ビニール袋に移していきます。

 

そして、廃棄予定の布類を冷蔵庫の引き戸に詰め込み、

底に溜まった変な汁を吸いこませ、それもまた分厚いビニール袋の中へ封印。

冷蔵庫を持ち上げても汁が垂れない状態になりましたら、

手早く外へと運び出します。

 

 

これらの作業は、もちろんマスクを付けた上、

ほんの10分程度で行ったわけですが、

やっぱり強烈なにおいと言うのはなかなか消えないもので、

しばらく自分の手からは、えらい匂いを発し続けていました。

 

 

遺品整理の仕事をしていると、こういった事は、良くあります。

しかし、お客様の前では嫌な顔は決して出せません。

それが仕事であり、こちらが「やらせて頂いている」作業だからです。

 

ご依頼主様の心労、ご負担を請け負う事こそが、この仕事の本質です。

これからも現場の冷蔵庫には、真摯に取組んで参ります。

どんな状態の家屋でも、片付け・掃除、不用品の整理を致します。

いわゆる「ゴミ屋敷」であっても、ご遠慮なく当社までお申し付け下さい。

 

 

 

 

 

蛇足ですが、

 

今回の現場では、

すべて片付けたと思った矢先、床下収納から

同じように数カ月経った生モノが発見されました・・・

 

一軒家は、意外と収納が多く、最後まで油断できません。

どんな現場でも油断してはならない。

改めて学んだ、今回の一件でした。

札幌市での遺品整理なら、実績と信頼のある当社まで

高齢化による孤独死やセルフネグレクトが

社会問題として注目されるにつれ、

遺品整理を仕事とする業者も日々増え続けています。

いまや、札幌の遺品整理業者だけでも、数百件に上ります。

 

遺品整理.com札幌店は、そんな中でも確かな実績を持っています。

さまざまなお客様への対応経験から、

想いの籠ったご遺品のお焚き上げ・お部屋の特殊清掃・様々な品物の買取など

非常に幅広くご要望にお応えできるのが、遺品整理.comの特長です。

 

 

Facebookページもございます!遺品整理札幌

札幌市(中央区・東区・西区・南区・北区・豊平区・白石区・厚別区・清田区・手稲区)の他

石狩・江別・北広島・小樽・千歳・恵庭・苫小牧・岩見沢・旭川・函 館・釧路・帯広・北見・大空・美幌・室蘭・登別・伊達・網走・滝川・根室・稚内・留萌・名寄・美唄・砂川・三笠・夕張・美唄・深川・富良野・北斗・紋別・ 赤平・芦別市等の北海道全域にお伺い致します

本日、当社の遺品整理サービスの模様がUHB様にて放送されます

本日、当社の遺品整理サービスの様子がテレビで紹介されます!

 

北海道文化放送(UHB)3:55-5:54「U型テレビ」

11月15日「急増する遺品整理サービス そのウラ舞台に密着」
http://uhb.jp/program/u-gata/

ぜひご覧ください!

 

 

増え続ける孤独死、高齢化などの問題は、

マスメディアを始め全国民にとっても課題なのだと思います。

こういった機会を通じて、皆さまがご自身やご家族の死後について

考えたり、準備したりするきっかけになればと思います。

ご高齢の方には大変な様々な作業、ご自宅へお手伝いに伺います。

「遺品整理.com」姉妹サイト:「便利屋もしもぼっくす」

身体が弱ってくると、以前は平気で自分で出来ていた作業も、

なかなかそれまで通りには、難しくなって来ます。

 

当社の便利屋サービスなら、有料ではありますが

重い物の買い物代行、処分の代行、運搬、お掃除、話し相手、その他

色々なご依頼について、お手伝いさせて頂いています。

 

離れて暮らすご親族、ご家族の方から、

対象となる方の身の回りのお世話をご依頼されることも珍しくありません。

どなたからも、お気軽にご相談下さい。

 

 

便利屋サービス内容

不用品回収
ゴミ屋敷
不用品・粗大ゴミ
大型ゴミ回収処分
除雪・雪おろし
除雪,雪かき
屋根のつらら/雪庇下ろし
高価出張買取
リサイクル出張買取
力仕事
格安! お引越し
生活家電の設置・取付・移動
お掃除お任せ
掃除・片付け
ハウスクリーニング
事務所・店舗清掃
消臭・脱臭作業
節電クリーニング

お部屋の便利業務
お部屋の便利業務
家具の組立て
クロス張替/内装工事
買物代行
網戸張り替え
雨どい掃除・清掃・取付け
お話し相手
パソコンサポート
高所作業
整理収納コンサルタント
お庭の代行作業
庭木の剪定・伐採
草刈り・草むしり
お庭の便利業務・冬囲い
解体撤去
物置・倉庫・車庫・ガレージの解体撤去代行
看板製作・撤去
高価出張買取
リサイクル出張買取
害虫駆除
スズメバチ・ねずみ駆除

孤独死、孤立死、無縁社会に関する講演をさせて頂きました。

2012年10月15日、「渡島地区 安心・安全・福祉のまちづくり推進会議」にて、当社代表・湊による、孤独死、孤立死に関する講演を行いました。

演題は「無縁社会の現状-遺品整理業者の視点から-」
遺品整理専門業者として、孤立死・無縁社会の現状、今後の課題等についてお話しさせて頂きました。

社会福祉協議会にて無縁社会、孤独死に関する講演を行いました

この「渡島地区 安心・安全・福祉のまちづくり推進会議」は、北海道社会福祉協議会渡島地区事務所が主催となり、渡島管内社会福祉協議会連絡協議会の後援により毎年開催されているものです。

当社では、過去にも様々な場で、講演させて頂いた実績があります。

北海道福祉協議会講演写真2

北海道のみならず日本全体が高齢化、無縁社会化していく中、孤立死や孤独死、セルフネグレクト等のテーマへの関心は高まっていくと思われます。

当社への講演依頼などは、遺品整理.comの問合せメールフォーム等でも受け付けておりますので、こちらよりお問合せ下さい。

 

その他の当社における講演、取材履歴など

遺品整理作業中に現金が発見されることもあります。誠実な業者ならご返却しますが…

当社スタッフが膨大な故人の遺品整理作業をしている最中に、

ご依頼主が見落としていた、「お金」が発見されることもあります。

 

貯金箱代わりのビンや缶が出てきたり・・・

衣類のポケットから小銭が出てきたり・・・

ごくごく稀にですが、タンスの中から札束が出てきたりも・・・(^^;)

 

もちろん当社では、そういった場合は、まとめてご依頼主にご返還いたします。

貴金属に関しても同様です。(その場で買取査定する場合もあります)

 

こんなこと(お金の返還)は、当社にとっては当り前のことではあるのですが、

 

ただし、世の中にはいい加減な遺品整理業者も存在します。

注文を取る為、料金を安くあげる為に、

お客様宅のゴミを違法投棄して済ませたり、

(ふつうはゴミ処理費用がかなり掛かります。)

営業に必要な許認可を取っていなかったりなど。

 

そんな、「ズル」「不正」が当たり前の業者が、

そのような降ってわいた現金をきちんとお客様に返却するでしょうか。

その実態は当社では調べようもありませんが、

少なからず「悪い実例=ネコババ」があるかもしれません。その可能性は高いです。

 

 

遺品整理業者は年々増える一方です。

 

お客様におかれましては、信頼できる業者を選ぶのも大変かと思います。

ウェブサイトの情報や、電話口での対応、こういったブログの内容等から

本当に信頼できる業者を選んで頂ければと思います。

 

遺品整理.COMでは、お客様との正しくフェアなお取引を心がけています。