Archive for 遺品整理

北海道から家財評価アドバイザー資格認定試験。 前編

JRO(日本リユース機構)総会

遺品整理という言葉が社会課題になり世に知られ約10年ですが、どんどん遺品整理や家財片付けの業界が変わってきています。

先日当社も加盟し北海道代表をさせていただいている一般社団法人日本リユース機構(以下JRO)の総会とJROが講習と認定する新しい資格家財評価アドバイザー講習と試

JRO(日本リユース機構)総会

日本リユース機構総会での全国代表のの古物商経営者達との集合写真

験の為に社長と見積の総責任者でもある工藤部長とで東京で数日の缶詰出張をしてきました。

JROは日本全国のリユース業者(俗に言うリサイクルショップ)の平成18年に発足した業界団体であり、日本でリユースに関して最もアクティブな団体でもあります。

環境省や経産省や消費者庁や各地方行政団体はじめとした官公庁と業界の調整を行い昨今の将来の為に急務であるリユースの発展の責務を担っている団体でもあります。

総会には毎回各省庁の官僚の方々が参加され、日々JROが各省庁と調整してきた方向性の説明や質疑応答意見交換を行うのですが、今回は格別なメインディッシュの家財評価アドバイザー講習と試験があり私達北海道からの参加者だけではなく日本全国の同業者の代表達が缶詰で再勉強した。

北海道民の家財評価アドバイザー受講初夏6月特に私達道産子は暑さにバテバテ。移動の暑さに加え、室内温度も高め!

クールビズで東京のエアコンの設定も高めなので、タイの子会社に行き慣れている私達でも他の地域から来ている人に比べ異常な汗、、、

頭もモワァ~っとする感覚!北海道民ならわかりますよね?

今回の会場は御徒町のアプレジュエラーズさん、缶詰状態で中古車一台分くらいの出張費を使わさせていただいている以上落ちるわけにもいかず、すかさず一階のコンビニで暑さ対策品購入です。

冷却シートを首筋に貼り、体感温度マイナス2度!凍ったアクエリアスを股間に挟みさらにマイナス2度!

頭がぽぉーっとしなければ、10年間も日頃真面目にやっている業者なので実力の見せどころです!

国の方針も、JROの方針も、我が社が追い求めてきた方針も同じ!

あくまでリユースを最重要課題としての家財評価アドバイザー講義、水を得た魚とはまさにこのこと。

>続きは後編で!

新年明けましておめでとうございます。

皆様、新年あけましておめでとうございます。

遺品整理.comでございます。

年末のブログでも紹介しましたが、新年早々に札幌市外の遺品整理を2件ほど片づけてきました。

1件は小樽市、1件は北広島市です。今月は岩見沢市もご依頼いただいており

道内多種多様エリア、当社では札幌近郊も対応しております。

各地方自治体ごとに処分方法が違っていたりするので、久しぶりのご実家だと分別方法がわからなかったり大変ですよね。

当社では、コンプライアンスを順守した作業内容となっており
社会問題である【不法投棄】は絶対にしません!!

※ リサイクル家電の取り扱いに関しては、家電リサイクル券取扱優良店にもなっていますよ。

本日のブログは説明チックになってしまっていますが、道外にお住まいのかた!(もちろん札幌の方もですがw)

帰省のタイミングにあわせてお見積りはいかがでしょうか?

お見積りは無料で承っておりますのし、ご予算に合わせたお片付けをご提案させていただきますので気軽にご相談ください。

作業方法もご遺族と相談の上決めさせていただきます。

遠方のお客様はカギのお預かりや作業後画像の送付、お振込での支払い等さまざまなご提案をさせていただきます。

また、不動産会社の紹介、空き家管理の会社、ハウスクリーニングの会社、解体や消臭など
対応・ご紹介できますので

当社にご依頼いただければ全て一発で解決です!!

遺品整理.com

年末年始のご案内

皆様こんにちは。

久々の更新になります、今年も早いもので大晦日ですね。

皆様どうお過ごしでしょうか?

遺品整理.comでは、年明けに北広島、小樽にてご依頼が入っております。

先日は1軒まるごとではなく、寝室のみのお方付けを行ってきました。

昨今高齢化社会に伴い需要がましている遺品整理ですが、当社ではお客様のご要望にしっかりお答えし、適切な料金案内も致します。

例えば、思い出のお品、残し品や貴重品の類などをお客様の元へお返しするほか、

遺品のリサイクル・リユースにも力を入れております。

故人様が大切に使われたお品だからこそ、処分するのではなく再利用するということも徹底しています。

また、一昔前までは聞き慣れないフレーズ「生前整理」も需要が伸びてきており、数件ご依頼が来ています。

ご親族様の施設入居に伴う整理、入院に伴う整理、理由は様々ですが当社では遺品整理と同様、仕分け・整理・清掃を行います。

さて、年末年始の営業時間についてのお知らせでございますが

大変申し訳ありませんが1月1・2日は休業、年明け1月3日からの営業となります。

合わせてお知らせでございます。

当HPも近日リニューアルして、さらに見やすく、わかりやすいものに致します!

 

今年もたくさんのご依頼、誠にありがとうございます。

来年度もよろしくお願い申し上げます。

遺品整理.com

【便利屋もしもぼっくす】の遺品整理事業部です。

携帯電話からでも24時間対応可能なフリーダイヤルへ
メールでのご相談も承っております

0120-556-179
メールフォーム

.comは札幌だけではなく、全道各地に拠点を展開中です。
札幌
室蘭
北見
旭川

遺品整理 札幌
遺品整理.com フエイスブックページ

 

南区にてご兄弟の家の遺品整理

皆様こんにちは。

先日は南区にて遺品整理に行ってまいりました。

御依頼主様にお話を聞くとご兄弟の家の遺品整理との事でした。

とても立派な家で物の量が多い現場ではありましたが、

家の中には写真など思い出の品もたくさんあった為、細かく慎重な作業を行いました。

 

やはり遺品整理の場ではどのお客様の家でも写真など多くの思い出の品が眠っております。

そういったものをしっかりとご家族の元へお返しするのも私たちの1つの役割となります。

ただ片付けるのではなく、ご依頼を下さったお客様に精一杯の誠意を返す。

そういったことも私たちの仕事の重要な部分であり醍醐味なのです。

 

江別市での親の家の片付け

大変長い冬眠から目覚めました。お久しぶりです。

遺品整理.comです。

札幌では天気の安定しない日々が続いておりますが皆様いかがお過ごしでしょうか?

本日は江別市にて一軒まるまるのお片づけのご依頼をいただきました。

「親が施設に入居し、ご自宅に戻る予定がないので親の家を片付けたい。」とのご依頼です。

当社にくるご依頼の中には遺品整理の他にも今回のような施設入居に伴い、もう家に戻らないから片付けたいというものもあります。

共働きのご家庭も増えている昨今の事情ではご家族でお片づけするにもなかなかお時間がなかったり、片付けようにもどこから手をつけて良いかわからないという事も悩みの種ではないでしょうか?

そんな不安を抱えるあなたの救世主となりお悩みを一気に解決します!

数え切れない実績をもつ僕たちにご相談を!

作業終了後、お客様の確認を頂いた後、涙を流して感謝頂ける事がありますが、そのときはこの仕事を本当に誇り思えると実感します。

ご自宅の奥深くに長らく眠っている物等、是非拝見させてください。

あなたが不要品だと思う物もまた誰かの手に渡りそのお品の価値が生まれ変わるわけです。

お悩みの際は、まず一度ご相談ください。

当社の熟練のスタッフがお力添えさせていただきます。

 

遺品整理.com

札幌市でご実家の片づけのお手伝い

雪が降らない札幌です。

こうまで雪が降らないと、零年より早めに「一軒丸ごとお片付け」のご依頼をいただいています。

遺品整理と併せて多くご依頼をいただいているのが、

「施設入所に伴う不用品の片付」

のご依頼です。

高齢者住宅へ転居するために実家の片づけのご依頼やご相談が増えています。

「実家の片付」は、雑誌でも特集が組まれるほど、遺品整理と併せて今一番注目されているキーワードです。

先日お伺いしたお客さまも、転居に伴うご実家のお片付けでした。

ただ、御依頼人とご両親との「不用品」に対する思い入れの違いから、なかなか片付けが進まない状況でした。

「もったいない」という気持ちからなかなか片付けに踏み切れない世代。

当社は、ただ単にゴミとして片付けてしまうのではなく、愛着のあるものや大切にされていたお品物を、同じように大切にしてくださる方へ、お渡しする・つなげることができる会社です。

ご両親の「もったいない」と、御依頼人の「きれいにしたい」を両立させるために、日々努力しております。

 

遺品整理.com

【便利屋もしもぼっくす】の遺品整理事業部です。

携帯電話からでも24時間対応可能なフリーダイヤルへ
メールでのご相談も承っております

0120-556-179
メールフォーム

.comは札幌だけではなく、全道各地に拠点を展開中です。
札幌
室蘭
北見
旭川

遺品整理 札幌
遺品整理.com フエイスブックページ

札幌で遺品片付の技術を生かし活かす

今年の札幌は例年に比べて雪が降っていないなぁという印象です。
これも妖怪の仕業でしょうか・・・。
札幌市では雪祭りがおわると、春をひたすら恋焦がれる時期になります。
目の前にある雪は雪として、今のうちにスキー場や公園などでしっかりと雪遊びを楽しみたいですよね。

今日みたいな日は雪遊びにはちょうど良い一日だったのではないでしょうか。
札幌市内でこの時期になると、遺品整理以外にも不要品の片付案件(ごみ屋敷)なども片付けたりをしています。
ごみ屋敷になると、家の痛みが激しく、非常に危なくなるので、気をつけないとなりません。
とくに腐敗や発酵が進んで発火してしまうこともあり、火災の原因にもなるのです。

冬の空気は乾燥していますから、乾燥が原因で火が簡単に他のものに燃えうつるケースもあります。
ごみを放置するのではなく、屋敷になる前にしっかりと片付けたいですね。

かといって、ゴミ屋敷やゴミ部屋になってしまうと、そう簡単に片付は進みません。
そんなときは・・・。
一人で悩まず、まず当社にご連絡ください。
「ゴミ屋敷になったのは妖怪の仕業かも・・・。」とはいわず、まずは当社へご相談を。

遺品整理.com

【便利屋もしもぼっくす】の遺品整理事業部です。

携帯電話からでも24時間対応可能なフリーダイヤルへ
メールでのご相談も承っております

0120-556-179
メールフォーム

.comは札幌だけではなく、全道各地に拠点を展開中です。
札幌
室蘭
北見
旭川

遺品整理 札幌
遺品整理.com フエイスブックページ

ご遺品の整理と一緒に

遺品整理の現場には様々の別作業が発生する場合がございます。
夏場であれば、庭の草刈りや木の伐採、スズメバチの巣の駆除も。

冬の季節といえば、遺品整理業以外にも雪下ろしの除雪作業など、
当社では、現場に応じて様々なオプションサービスを提供しております。

冬の季節になると屋根からせり出している雪のかたまり(雪庇)をよく見かけます。

少ない量だと心配はないのですが気温が高い日だと、
雪が溶けて屋根から徐々にせりだしてきます。
知らないうちに雪庇が大きくなったていたりするものです。

これが大きく氷状に固まった状態で、下に落ちた場合は大変です。
とくに歩行者に落ちた場合、大けがになる可能性がありますし、雪庇の下にあるものを壊す場合もあります。
雪庇を見つけた際には、早めに対処することをおすすめいたします。
この雪庇を落とす作業。気を付けないと怪我や破損などの事故をおこす場合もありますので、
プロの私たちにお任せください。

先日も、札幌市内でご遺品の整理のお仕事をいただいた際、
スタッフが、屋根から大きくせり出している雪庇を見つけました。
真下には、エアコンの室外機が…。
お客様と相談し、熟練スタッフがあっという間にセッピの除去を行わせていただきました。

ご遺品の片付にあわせて、各種お客様のご要望にお応えいたします。

遺品整理.com

【便利屋もしもぼっくす】の遺品整理事業部です。

携帯電話からでも24時間対応可能なフリーダイヤルへ

0120-556-179

.comは札幌だけではなく、全道各地に拠点を展開中です。
札幌
室蘭
北見
旭川

遺品整理 札幌
遺品整理.com フエイスブックページ

苫小牧で遺品整理の講演

核家族化、少子化、労働人口の道外への流出など、様々な要因が重なって、札幌市はじめ北海道の各地で高齢者の方の1人暮らしが増えています。

それでも、ご本人がお元気なうちはまだ良いのですが、体が弱って外出できなくなっても他者に気付いてもらえなかったり、さらに悲しいケースですが、病死・事故死されても中々発見されず放置されてしまう場合も少なくありません。いわゆる「孤独死」です。

この問題に対し、各地の行政や社会福祉協議会等で、対策を練られているところもあろうかと思います。

先日、苫小牧にて「無縁社会の現状-遺品整理業者の視点から-」をテーマに遺品整理専門業者として、孤立死・無縁社会の現状、今後の課題等について、講演をさせていただきました。

ご参加された方々の真剣なまなざしに、遺品の片づけや孤独死、ゴミ屋敷といった地域に潜在している問題の深さを改めて知らされた気持ちでした。

普段から、なるべく多くの方と多くのコミュニケーションを取っておく事が、有効な孤独死対策です。親族、ご近所の方、行政の支援サービス、NPO支援団体、趣味のサークル、何でも構いません。自分を気に掛けてくれる相手を多く持つことが大切です。

他にも、遺品整理業者の立場からお話出来る事は沢山あります。
講演会のご依頼なども受けつけております。
各種団体の運営関係者で、ご興味のある方は、お気軽にお問合せ下さい。

今後も弊社は各地域の方々と連携しながら、各地域やご依頼いただくお客様の問題に向き合っていきます。

遺品整理.com

【便利屋もしもぼっくす】の遺品整理事業部です。

携帯電話からでも24時間対応可能なフリーダイヤルへ

0120-556-179

.comは札幌だけではなく、全道各地に拠点を展開中です。
札幌
室蘭
北見
旭川

遺品整理 札幌
遺品整理.com フエイスブックページ

エンディングノートについて

「エンディングノート」

ご存知ですか?

エンディングノートとは、ご自身の死後についての手続き先や希望をまとめておく冊子です。

ご自身の死後について、仔細に至るまで遺言書にすべてまとめて書いておく方もいらっしゃいますが、それよりは敷居を低く、ご遺族に分かりやすく色々なことを伝えるための道具です。

たとえば、

・葬儀に関する希望

・葬儀の案内を送るべき、親戚、係累の一覧(家系図形式であることが多いです。もちろん連絡先も)

・資産目録

・掛けてある生命保険の種類と手続き方法

・遺品の処分先の希望

などなど、ご遺族がそれを見れば、ご本人の意向に沿ってスムーズに対応できる情報のまとめ資料、ということです。

離れて暮らす子世帯、家族などに、エンディングノートをどこにしまってあるか、あらかじめ知らせておくことも重要です。(すべて手配が終わってから見つかっても意味がないため)

遺族のご負担を減らしつつ、ご本人様の意向を反映させられる為、最近はかなり重要視されるようになっています。

 

 

このたび、当社独自の冊子「オリジナルエンディングマニュアル」を作成いたしました。

従来のエンディングノートに加えて、ご遺族のかたがたにお聞きした心配事・大変だったことなどをまとめてあります。

生前整理やご遺品の整理のお見積もりをご予約いただいたお客様に、お渡しさせていただいております。

 

遺品整理.com

【便利屋もしもぼっくす】の遺品整理事業部です。

携帯電話からでも24時間対応可能なフリーダイヤルへ

0120-556-179

.comは札幌だけではなく、全道各地に拠点を展開中です。
札幌
室蘭
北見
旭川

遺品整理 札幌

遺品整理.com ヤフーロコ
遺品整理.com フエイスブックページ