Archive for お焚き上げ

新年明けましておめでとうございます。

皆様、新年あけましておめでとうございます。

遺品整理.comでございます。

年末のブログでも紹介しましたが、新年早々に札幌市外の遺品整理を2件ほど片づけてきました。

1件は小樽市、1件は北広島市です。今月は岩見沢市もご依頼いただいており

道内多種多様エリア、当社では札幌近郊も対応しております。

各地方自治体ごとに処分方法が違っていたりするので、久しぶりのご実家だと分別方法がわからなかったり大変ですよね。

当社では、コンプライアンスを順守した作業内容となっており
社会問題である【不法投棄】は絶対にしません!!

※ リサイクル家電の取り扱いに関しては、家電リサイクル券取扱優良店にもなっていますよ。

本日のブログは説明チックになってしまっていますが、道外にお住まいのかた!(もちろん札幌の方もですがw)

帰省のタイミングにあわせてお見積りはいかがでしょうか?

お見積りは無料で承っておりますのし、ご予算に合わせたお片付けをご提案させていただきますので気軽にご相談ください。

作業方法もご遺族と相談の上決めさせていただきます。

遠方のお客様はカギのお預かりや作業後画像の送付、お振込での支払い等さまざまなご提案をさせていただきます。

また、不動産会社の紹介、空き家管理の会社、ハウスクリーニングの会社、解体や消臭など
対応・ご紹介できますので

当社にご依頼いただければ全て一発で解決です!!

遺品整理.com

南区にてご兄弟の家の遺品整理

皆様こんにちは。

先日は南区にて遺品整理に行ってまいりました。

御依頼主様にお話を聞くとご兄弟の家の遺品整理との事でした。

とても立派な家で物の量が多い現場ではありましたが、

家の中には写真など思い出の品もたくさんあった為、細かく慎重な作業を行いました。

 

やはり遺品整理の場ではどのお客様の家でも写真など多くの思い出の品が眠っております。

そういったものをしっかりとご家族の元へお返しするのも私たちの1つの役割となります。

ただ片付けるのではなく、ご依頼を下さったお客様に精一杯の誠意を返す。

そういったことも私たちの仕事の重要な部分であり醍醐味なのです。

 

江別市での親の家の片付け

大変長い冬眠から目覚めました。お久しぶりです。

遺品整理.comです。

札幌では天気の安定しない日々が続いておりますが皆様いかがお過ごしでしょうか?

本日は江別市にて一軒まるまるのお片づけのご依頼をいただきました。

「親が施設に入居し、ご自宅に戻る予定がないので親の家を片付けたい。」とのご依頼です。

当社にくるご依頼の中には遺品整理の他にも今回のような施設入居に伴い、もう家に戻らないから片付けたいというものもあります。

共働きのご家庭も増えている昨今の事情ではご家族でお片づけするにもなかなかお時間がなかったり、片付けようにもどこから手をつけて良いかわからないという事も悩みの種ではないでしょうか?

そんな不安を抱えるあなたの救世主となりお悩みを一気に解決します!

数え切れない実績をもつ僕たちにご相談を!

作業終了後、お客様の確認を頂いた後、涙を流して感謝頂ける事がありますが、そのときはこの仕事を本当に誇り思えると実感します。

ご自宅の奥深くに長らく眠っている物等、是非拝見させてください。

あなたが不要品だと思う物もまた誰かの手に渡りそのお品の価値が生まれ変わるわけです。

お悩みの際は、まず一度ご相談ください。

当社の熟練のスタッフがお力添えさせていただきます。

 

遺品整理.com

故人のお品物を最後まで大切に扱います

遺品整理.comでは作業に入る前に合掌、黙祷を徹底しております。

ご遺族の方にとっても大切な想い出の品をお片付けさせていただく事、故人を偲ぶ気持ちを再認識する為です。

決して省略やなおざりにしてはならない過程の一つと考えます。

その後はお客様との事前打ち合わせに従い、残す物、片付ける物に分類し

残す物を分けた後に本格的な片付けを行ってゆきます。

作業時は淡々と丁寧に片付けを行います。

作業を見守るお客様、作業を見ていると涙が止まらない為作業中は席を外すお客様、色々な方がいらっしゃいます。

共通して言える事は故人の大切な品物は丁寧に、確実に責任を持って適切な処理をおこなわせていただくという事です。

遺品整理の実績には自信があります。

 

遺品整理.com

【便利屋もしもぼっくす】の遺品整理事業部です。

携帯電話からでも24時間対応可能なフリーダイヤルへ

0120-556-179

.comは札幌だけではなく、全道各地に拠点を展開中です。
札幌
室蘭
北見
旭川

遺品整理 札幌

遺品整理.com ヤフーロコ
遺品整理.com フエイスブックページ

遺品整理は、非常にデリカシーの必要な仕事です。

「遺品整理」は、とても細やかな気遣いの必要な仕事です。

しかし、軽い気持ちで参入する業者が結構います。
(酷い場合は、必要な許認可資格も取らず、不法投棄を行う輩も…)

そのような業者に依頼してしまい、ご依頼者の方がかえって悲しい想いをしてしまうケースがあります。心と体のストレスを和らげる為に、プロに頼んだハズなのに…

 

例えば、

・想いの籠った大事なご遺品、形見をゴミ扱いされた。(買取査定額を下げる為と思われます)

・ご遺体のあった場所で、あからさまに不快そうな(臭そうな)顔をされた。

・効率重視の雑な流れ作業で、故人に対する敬意が感じられない。

など。

(書いているだけでも気分が悪いですが…ご容赦下さい)

 

 

当社では、万が一にもそういった事が起こらないよう、社員教育、スタッフ教育を行っています。

が、それでもなお、お客様の心理、お気持ち、さらには故人の尊厳に対して十分に配慮できているか、不安になります。そして、企業として正しく成長していく為にも、常にそういった懸念は持ち続けている必要はあると思います。

当社では、ご遺族と故人との思い出を汚さない為にも、あらゆるシーンでのさまざまな気配りを欠かさないよう、努力して参ります。

函館市、北斗市、亀田郡、など道西地方でも遺品の買取りを行います。

当社「遺品整理.com」は、ほぼ北海道全域でサービスを提供しています。

 

この度、函館市でも営業所(代理店)を開設しましたので、

これまで以上の迅速・安価な対応が可能になりました。

 

道西地方にお住まいのご家族、ご親族が亡くなられた際の各種手続、

遺品の整理や売却、換金、お焚き上げ、形見分けの実施など

お困りの際はぜひ当社までご連絡下さい。

 

当社は各種資格を持ち、法令に則り対応致します。

実績と信頼ある業者です。

セルフネグレクト・孤独死の現場に遭遇する度に、感じる事。

(一部、生々しい表現があります。ご注意ください。)

 

「セルフネグレクト」とは、自分自身の身体を大事にしないこと。

身の回りの事に注意を払わず、あるいは対応する能力を失ってしまい、

さまざまな生活ゴミに囲まれ、不健康・不衛生なままで暮らす状態です。

遺品整理の仕事をしていると、実際の現場に立ち会う事は少なくありません。

セルフネグレクトに関する朝日新聞の記事

 

寝室に、足の踏み場もないほど散らかった、空き缶やコンビニ弁当箱等の飲食ゴミ

時には、排泄物の入ったペットボトルなどもあります。

(そんな場合、トイレがどのような状態になっているかは、お察し下さい)

内容物がすべて腐った冷蔵庫を丸ごと処分することもあります。

 

 

こういうことを書くと、この業界で働きたい!という人は敬遠してしまうかもしれません。

が、これが現実です。

今後の日本では、こういった案件が今後ますます増えて行きます。

我々遺品整理業者の実感としても、増えています。

絶対に必要な仕事です。

 

 

 

札幌では、三か月で43人の生活保護受給者が孤独死された、というニュースが最近ありましたが、これは「悲惨な死」の、ほんの氷山の一角でしかない事を、我々は知っています。

配偶者や親などの同居者が亡くなってもそのまま隠し続け、死者名義の社会保障(年金や生活保護)が命綱の単身者も、相当数いるはずです。

そして結果的にどうにもならなくなり、「全てが終わった跡」に、我々が伺う事になります。

 

この業界に入る前までは、どこか他人事でしかなかった凄惨な場を目にし、今までは「必要ではあるけれど、別の誰かがやってくれていた」汚れ仕事を行っているうちに、

現代日本の問題について、嫌でも考えさせられます。

そういう考え事をする時間は、以前よりも確実に増えています。

 

当社では、講演やテレビ出演ブログtwitterFacebookなどなど、さまざまな情報発信は行っています。

しかし、それだけでなく、もっと具体的に何か出来ないか?答えの出ない問いが、現場に入るたびに浮かんでしまいます。

 

 

政治が悪い、世の中の動きがこうだから仕方ない、で思考停止するのは簡単ですが、

結局、世の中を変えていくのは現場の人間一人ひとりの力の積み重ねですから、

諦めずに考える事は続けて行こうと思います。

 

※話のオチがなくてすいません

 

形見分けトラブルで揉めない為には、早めに手を打つこと

このブログのアクセス解析を見ていると、遺品整理に伴う「形見分けのトラブル」について調べている方が非常に多い事が分かります。

相続トラブルは、何も金銭や不動産だけではないんですね。人間の物欲や、関係者の方の良い意味での形見の品への「思い入れ」が、事態をややこしくすることがあります。

 

いずれにせよ、トラブル回避の為にも必ずしなければならないのは、故人の遺品のリスト化(遺言等があれば、それらの行き先まで含めて)と、価値の査定です。

葬儀の前後はさすがに喪主の方も親戚の方も大変な状態ですが、初七日、四十九日頃になると、そのような実務的な後処理のお話が出てきます。

その際のお話合いをスムーズにする為にも、あらかじめお早目に各種見積り取っておくとよいでしょう。

遺品整理.comなら、お電話一本・ひとつの会社だけで、家屋の清掃、処分、遺品の鑑定、不要品の処理費用、その他まるごとまとめてすべて査定できるので、手間がかかりません。

遺品整理・形見分けを行う際のマナー、よくあるトラブルと対策

お焚き上げ供養いたします。条例に従い、適正に実施致します(重要)

当社では、ご遺品のお焚き上げ供養の代行も承ります。

お人形、お仏壇などのご依頼が多いですが、その他にも仏具や布団、思い出の品などご依頼希望を頂く事があります。

い加減な業者は処分した「フリ」をして横流しや不法投棄などを行うこともありますが、当社ではリンク先に写真を掲載している通り、僧侶の方にきちんとした供養をして頂き、その後は条例に従って正しく対応しております。遠隔地のご依頼者の方へは、後日お焚き上げ証明書の発行も行っています。

 

思い出の詰まった遺品は、どう処分するのがベスト?

故人の思い出のある遺品をどう処分するかは、非常にデリケートな問題です。

特に、日本においては。

 

品物ひとつひとつについて、

形見分けするのか?

相続財産の一部として換金するのか?

ずっと大事にとっておくのか?

「お焚き上げ」するのか?

不要品として処分してしまうのか?

 

こういった判断をご遺品ひとつひとつ、仕分するのは大変かと思いますが、

弊社では、ご遺族やご当人のご希望に出来るだけ添えるよう、

なるべく皆様のご負担にならずに、まとめて対応できるよう、

様々なご提案とお手伝いをさせて頂いています。

 

もちろん、不法投棄は問題外です。

ですが、いい加減な業者に依頼してしまいますと、

故人の品物を犯罪まがいの方法で扱われる場合もあります。

 

遺品整理.comにご依頼の際は、

遺品を大事に使ってくれる方を世界中から探したり、(リユース)

ゴミではなく資源として再利用したり、(リサイクル)

壊れた物は直して再流通させたり(リフォーム)したり、

お焚き上げで故人の想いを供養させて頂いたり、

 

ご依頼者の方や故人にとってご納得の行くような

そんな、心のこもったサービスを心掛けております。