札幌市でご実家の片づけのお手伝い

雪が降らない札幌です。

こうまで雪が降らないと、零年より早めに「一軒丸ごとお片付け」のご依頼をいただいています。

遺品整理と併せて多くご依頼をいただいているのが、

「施設入所に伴う不用品の片付」

のご依頼です。

高齢者住宅へ転居するために実家の片づけのご依頼やご相談が増えています。

「実家の片付」は、雑誌でも特集が組まれるほど、遺品整理と併せて今一番注目されているキーワードです。

先日お伺いしたお客さまも、転居に伴うご実家のお片付けでした。

ただ、御依頼人とご両親との「不用品」に対する思い入れの違いから、なかなか片付けが進まない状況でした。

「もったいない」という気持ちからなかなか片付けに踏み切れない世代。

当社は、ただ単にゴミとして片付けてしまうのではなく、愛着のあるものや大切にされていたお品物を、同じように大切にしてくださる方へ、お渡しする・つなげることができる会社です。

ご両親の「もったいない」と、御依頼人の「きれいにしたい」を両立させるために、日々努力しております。

 

遺品整理.com

【便利屋もしもぼっくす】の遺品整理事業部です。

携帯電話からでも24時間対応可能なフリーダイヤルへ
メールでのご相談も承っております

0120-556-179
メールフォーム

.comは札幌だけではなく、全道各地に拠点を展開中です。
札幌
室蘭
北見
旭川

遺品整理 札幌
遺品整理.com フエイスブックページ

正直であること

当社スタッフが膨大な故人の遺品整理の片づけ作業をしている最中に、ご依頼主が見落としていた、「お金」が発見されることもあります。

 

貯金箱代わりのビンや缶が出てきたり・・・

衣類のポケットから小銭が出てきたり・・・

ごくごく稀にですが、タンスの中から札束が出てきたりも・・・

 

もちろん当社では、そういった場合は、まとめてご依頼主にご返還いたします。

貴金属に関しても同様です。(お客様のご要望があれば、その場で買取査定する場合もあります)

 

こんなこと(お金の返還)は、当社にとっては当り前のことではあるのですが、

 

ただし、世の中にはいい加減な遺品整理業者も存在します。

注文を取る為、料金を安くあげる為に、

お客様宅のゴミを違法投棄して済ませたり、

(ふつうはゴミ処理費用がかなり掛かります。)

営業に必要な許認可を取っていなかったりなど。

 

そんな、「ズル」「不正」が当たり前の業者が、

そのような降ってわいた現金をきちんとお客様に返却するでしょうか?。

その実態は当社では調べようもありませんが、

少なからず「悪い実例=ネコババ」があるかもしれません。

その可能性は高いです。

 

 

遺品整理業者は年々増える一方です。

誰でも遺品整理業者になれる、そんな時代です。

 

お客様におかれましては、信頼できる業者を選ぶのも大変かと思います。

ウェブサイトの情報や、電話口での対応、こういったブログの内容等から

本当に信頼できる業者を選んで頂ければと思います。

札幌で遺品片付の技術を生かし活かす

今年の札幌は例年に比べて雪が降っていないなぁという印象です。
これも妖怪の仕業でしょうか・・・。
札幌市では雪祭りがおわると、春をひたすら恋焦がれる時期になります。
目の前にある雪は雪として、今のうちにスキー場や公園などでしっかりと雪遊びを楽しみたいですよね。

今日みたいな日は雪遊びにはちょうど良い一日だったのではないでしょうか。
札幌市内でこの時期になると、遺品整理以外にも不要品の片付案件(ごみ屋敷)なども片付けたりをしています。
ごみ屋敷になると、家の痛みが激しく、非常に危なくなるので、気をつけないとなりません。
とくに腐敗や発酵が進んで発火してしまうこともあり、火災の原因にもなるのです。

冬の空気は乾燥していますから、乾燥が原因で火が簡単に他のものに燃えうつるケースもあります。
ごみを放置するのではなく、屋敷になる前にしっかりと片付けたいですね。

かといって、ゴミ屋敷やゴミ部屋になってしまうと、そう簡単に片付は進みません。
そんなときは・・・。
一人で悩まず、まず当社にご連絡ください。
「ゴミ屋敷になったのは妖怪の仕業かも・・・。」とはいわず、まずは当社へご相談を。

遺品整理.com

【便利屋もしもぼっくす】の遺品整理事業部です。

携帯電話からでも24時間対応可能なフリーダイヤルへ
メールでのご相談も承っております

0120-556-179
メールフォーム

.comは札幌だけではなく、全道各地に拠点を展開中です。
札幌
室蘭
北見
旭川

遺品整理 札幌
遺品整理.com フエイスブックページ

アクセサリーを捜索せよ!

ご遺品のお片付けに伺わせていただきますと、大変だけな現場ばかりではありません。
ご遺族とご遺品とを前にして、様々なエピソードを体験することがあります。

先日、作業のご依頼いただいたお客様ですが、作業希望項目の中に、

[母がなくしたアクセサリーを見つけてほしい]

との、ご要望がございました。
必死で探しながら、片付作業をさせていただきましたが、一向に出てこない。
ご依頼いただいたお客様(娘様でしたが)も時間がたつにつれて心配そうな顔をされていました。
スタッフ全員にあきらめのムードが漂ったその時、

ありました!

一番最後に着手した寝室のベッドの引出の奥に、
アクセサリーケースに入った数十個のアクセサリーが。

お客様にお渡しすると、涙を流しながら喜ばれていました。
お話をお聞きしましたが、
他の親族から遺品であるアクセサリーに関してかなりきついことを言われ続けられたとのこと。
「私が盗んだのではないことがこれで証明できます。本当にありがとうございます。」
と、おっしゃっていただけました。
スタッフ一同、安堵したというか、疲れも吹っ飛ぶ一言をいただきました。

遺品にまつわる数々のドラマ。
今回のようなケースはまれですが、一品一品に思い出が詰まっている分、丁寧に大切に扱うことを作業員一同「あたりまえ」として作業に携わらせていただいています。

遺品整理.com

【便利屋もしもぼっくす】の遺品整理事業部です。

携帯電話からでも24時間対応可能なフリーダイヤルへ

0120-556-179

.comは札幌だけではなく、全道各地に拠点を展開中です。
札幌
室蘭
北見
旭川

遺品整理 札幌
遺品整理.com フエイスブックページ

ご遺品の整理と一緒に

遺品整理の現場には様々の別作業が発生する場合がございます。
夏場であれば、庭の草刈りや木の伐採、スズメバチの巣の駆除も。

冬の季節といえば、遺品整理業以外にも雪下ろしの除雪作業など、
当社では、現場に応じて様々なオプションサービスを提供しております。

冬の季節になると屋根からせり出している雪のかたまり(雪庇)をよく見かけます。

少ない量だと心配はないのですが気温が高い日だと、
雪が溶けて屋根から徐々にせりだしてきます。
知らないうちに雪庇が大きくなったていたりするものです。

これが大きく氷状に固まった状態で、下に落ちた場合は大変です。
とくに歩行者に落ちた場合、大けがになる可能性がありますし、雪庇の下にあるものを壊す場合もあります。
雪庇を見つけた際には、早めに対処することをおすすめいたします。
この雪庇を落とす作業。気を付けないと怪我や破損などの事故をおこす場合もありますので、
プロの私たちにお任せください。

先日も、札幌市内でご遺品の整理のお仕事をいただいた際、
スタッフが、屋根から大きくせり出している雪庇を見つけました。
真下には、エアコンの室外機が…。
お客様と相談し、熟練スタッフがあっという間にセッピの除去を行わせていただきました。

ご遺品の片付にあわせて、各種お客様のご要望にお応えいたします。

遺品整理.com

【便利屋もしもぼっくす】の遺品整理事業部です。

携帯電話からでも24時間対応可能なフリーダイヤルへ

0120-556-179

.comは札幌だけではなく、全道各地に拠点を展開中です。
札幌
室蘭
北見
旭川

遺品整理 札幌
遺品整理.com フエイスブックページ

寒い季節にあたたかった出来事

今日も冬の寒波の影響で、札幌市は非常に冷えています。

日によっては、朝から吹雪いていたりするので、
バスや電車で通勤する人たちは大変な苦労だと思います。
吹雪いていると車の運転も危険ですが,やたらと外に出かけるのも危険です。

気温差が激しい日の冬の道は滑りやすく、へんな滑り方をすると骨折の原因にもなります。
寒暖の差が激しくなると、車の運転も一層、注意が必要になりますね。

どんな天候でも、どんな悪路でも、お客様のご依頼があれば馳せ参じるのが当社の強みです。
先日も、札幌でご遺品の片づけに行かせていただきました。
「こんな天候の時に申し訳ない」とお客様からよくお声を掛けられますが、全然大丈夫です。
作業完了後の、お客様の笑顔とほっとした表情に、新たに元気と温かい気持ちをいただいて帰ってまいりました。

ご遺品やご実家のお困りごとには年中無休対応の当社へ、ぜひご相談ください。

遺品整理.com

【便利屋もしもぼっくす】の遺品整理事業部です。

携帯電話からでも24時間対応可能なフリーダイヤルへ

0120-556-179

.comは札幌だけではなく、全道各地に拠点を展開中です。
札幌
室蘭
北見
旭川

遺品整理 札幌
遺品整理.com フエイスブックページ

苫小牧で遺品整理の講演

核家族化、少子化、労働人口の道外への流出など、様々な要因が重なって、札幌市はじめ北海道の各地で高齢者の方の1人暮らしが増えています。

それでも、ご本人がお元気なうちはまだ良いのですが、体が弱って外出できなくなっても他者に気付いてもらえなかったり、さらに悲しいケースですが、病死・事故死されても中々発見されず放置されてしまう場合も少なくありません。いわゆる「孤独死」です。

この問題に対し、各地の行政や社会福祉協議会等で、対策を練られているところもあろうかと思います。

先日、苫小牧にて「無縁社会の現状-遺品整理業者の視点から-」をテーマに遺品整理専門業者として、孤立死・無縁社会の現状、今後の課題等について、講演をさせていただきました。

ご参加された方々の真剣なまなざしに、遺品の片づけや孤独死、ゴミ屋敷といった地域に潜在している問題の深さを改めて知らされた気持ちでした。

普段から、なるべく多くの方と多くのコミュニケーションを取っておく事が、有効な孤独死対策です。親族、ご近所の方、行政の支援サービス、NPO支援団体、趣味のサークル、何でも構いません。自分を気に掛けてくれる相手を多く持つことが大切です。

他にも、遺品整理業者の立場からお話出来る事は沢山あります。
講演会のご依頼なども受けつけております。
各種団体の運営関係者で、ご興味のある方は、お気軽にお問合せ下さい。

今後も弊社は各地域の方々と連携しながら、各地域やご依頼いただくお客様の問題に向き合っていきます。

遺品整理.com

【便利屋もしもぼっくす】の遺品整理事業部です。

携帯電話からでも24時間対応可能なフリーダイヤルへ

0120-556-179

.comは札幌だけではなく、全道各地に拠点を展開中です。
札幌
室蘭
北見
旭川

遺品整理 札幌
遺品整理.com フエイスブックページ

ご遺品に寄り添う仕事でありつづけること...

遺品整理の仕事でよく聞かれることがあります。
「荷物は意外と多くないでしょ?」
とか
「普通に片付ける感じでしょう?」
など、一般の方たちから見て遺品整理の仕事が簡単そうなイメージがあるそうです。
普通の不用品なら、ゴミ袋に入れると完了となりますが、
当社が行う遺品の整理ではそう簡単にはいきません。

遺族の方や、周りの方からみると「一気に全部ゴミ」で処理していると思われますが、
分別しながら、燃えるごみや燃えないごみに分別したり、
思い出の品(写真など)が不用品と混合しないように、丁寧に分けながら作業を致しております。

とくに故人が年配の方だと、隠れ遺品という物が、意外と出てきます。
例えるなら、大きいカバンの中に何個も小さいカバンが入っていることがよくあります。
また、所持されていたお品物を、一つ一つスーパーのビニール袋に入れて保管されている方もいらっしゃいました。

アパートの一室でも、一人で片付けると1週間かかる遺品整理ですが、
当社でしたら、1日できれいに片付くことも可能です。

一日で片付けてしまうことも、思い出のお品物を探しながら作業することもあります。
当社でしたら、ご依頼いただいたお客様のご要望にそいながら、
また、個人の愛用していたお品に気持ちを沿わせながら作業させていただいております。

遺品整理.com

【便利屋もしもぼっくす】の遺品整理事業部です。

携帯電話からでも24時間対応可能なフリーダイヤルへ

0120-556-179

.comは札幌だけではなく、全道各地に拠点を展開中です。
札幌
室蘭
北見
旭川

遺品整理 札幌
遺品整理.com フエイスブックページ

消臭について

多くの場合、遺品整理の現場では消臭作業の相談や依頼をいただきます。

ご訪問させていただく独居高齢者宅は、物があふれている場合が多いです。

また、大抵の場合は、生活ごみや洗い物に溢れており、

それがなおさら、実家を訪れた親族の方に凄惨さを印象付けることになります。

 

お部屋の整理、お掃除については

時間と手間さえ掛ければある程度まで出来ますが

(その労力や手間、処分まで一気に出来ることが弊社の強みではありますが)

 

長年染み付いてしまった匂いにつきましては、なかなか取り除くことはできません。

そのままでは別の方が住むにも、いずれ取り壊すにしても、やはりきちんと消臭しないことには

ご近所への迷惑にもなることも考えられます。

匂いこそが一番のトラブルの元と言えます。

 

弊社ではオゾン消臭をはじめ、

経験と技術で様々な消臭サービスを行うことができます。

何度も何度も業者を手配したり、交渉したり・・・

そういった努力も必要なことではありますが、

 

まずはお電話での相談時や

現場にお伺いした弊社スタッフに、

軽い気持ちでご相談頂けますでしょうか。

案外かんたん、安価で、気持ちよくスッキリな状態に出来ますよ。

 

遺品整理.com

【便利屋もしもぼっくす】の遺品整理事業部です。

携帯電話からでも24時間対応可能なフリーダイヤルへ

0120-556-179

.comは札幌だけではなく、全道各地に拠点を展開中です。
札幌
室蘭
北見
旭川

遺品整理 札幌

遺品整理.com ヤフーロコ
遺品整理.com フエイスブックページ

形見分けについて

札幌も積もるような雪が降る季節となりました。
一旦は解け行く今の時期の雪ですが、来月からは寝雪になりそうです。

今日は形見分けについて考えてみたいと思います。
形見分けとは、簡単に説明しますと
「亡くなった方の大切な遺品(高価物)を遺品整理する前に、残された家族に譲ること。」
になりますが、親交のあった方たちに御遺品を贈るケースも増えています。
贈る際には、半紙などシンプルな紙で簡単にラッピングし、
「遺品」「しのび草」などと表書きして直接手渡しされる方法もあるようです。

最近では「形見分け=遺品整理」と同義で考えられていることもあります。
当社は御遺品を不要品ではなく、一つ一つを大切に扱い、故人の思いも大切にしたいと思っております。

遺品整理.com

【便利屋もしもぼっくす】の遺品整理事業部です。

携帯電話からでも24時間対応可能なフリーダイヤルへ

0120-556-179

.comは札幌だけではなく、全道各地に拠点を展開中です。
札幌
室蘭
北見
旭川

遺品整理 札幌

遺品整理.com ヤフーロコ
遺品整理.com フエイスブックページ