大量の遺品の分別、形見分け、処分、売却が大変・・・そんな方に、遺品整理代行サービス

遺品整理業」とは・・・

一般の方には、あまり、なじみが無いと思います。

ご両親やご家族が無くなられて、ご葬儀や相続の事について頭を悩ませて、それがやっと終わった、と思ったあと、三十五日から四十九日の忌明け頃に、はたと「故人の遺品をどうしようか」「形見分けしなくちゃ」と初めて思い当たる方が多いのではないでしょうか。

 

膨大な荷物を、「売却できるもの」「形見として取っておくもの」「ゴミとして処分できるもの」「有料でリサイクルしなければならないもの」「使えるかどうか分からない物」などに仕分し、実際にご自身で処分するのは、非常に大変です。

それらをまとめて代行し、価値のあるものはその場で鑑定、その他の物はまとめて引き受け、それらの諸費用と買い取り金額を相殺し、1日~2日でスッキリ片付けてくれるのが、遺品整理代行サービスです。

 

また、故人の亡くなり方によっては、ご自宅についた特殊な臭いの除去であったり、特殊な清掃が必要になる場合もあります。

そんな際に、まとめて対応してくれる総合サポートが、いわゆる遺品整理業者なのです。